旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

幻の泡盛と、珊瑚礁の海

 今夜の宿は、西表島の北西部にある「いるもて荘ユースホステル」に宿泊する。ここは、以前に友達のCちゃんが働いていたところ。ロビーに入ると歴代のヘルパーの写真がたくさん飾ってあり、その中から彼女を見つけた時は、とても懐かしく嬉しかった。

 このホステルは、眺めが最高に素晴らしくって、玄関前からは、目の前に広がる緑の芝生の向こうに青い海と鳩間島を望むことが出来る!これがまたホンマに、め~っちゃ綺麗なんだよ。最高にまったりできるスポットです。
http://www.ishigaki.com/irumote/

 ここは、昨日の宿とは違い、クーラーは無料なので、暑くて目覚めることなく、ぐっすり眠れそうだ。夕食をいただいてから、部屋で「チェス」をして遊ぶ。しかし、どこからともなく現れる小ぶりのGたちのせいで、集中できない。一体何匹殺めたことか・・・。窓には、数え切れないほどの虫さんたちが私たちの部屋の明かりを求めて、張り付いていた・・・。大自然て素晴らしいけど、Gを筆頭に虫が沢山いるってことだけが、受け入れることが出来ない…。田舎暮らしって、難しい。

 チェスもまた負けたし、赤ちゃんGも相変わらず現れるので、1階の食堂へ行ってみることにした。ドアに「泡盛タイム」という看板がぶら下げてあり、中には沢山トラベラーが集まっていた。椅子を二つ加えてもらい、みんなの輪に入れていただいた。「いりおもて」という泡盛を呑み盛り上がっている旅人みんな日焼けして、まさに八重山病の患者の集まりのような輪だった♪みんな黒島や波照間や海人と書かれたTシャツを着ていたので、見てるだけで癒されるようだった。

 1人の男の子が、波照間島で運良く手に入れたという「泡波」という泡盛をみんなに少しづつ、味見させてくれた。この泡盛は、波照間でのみ生産され、生産量も少ないという幻の泡盛らしい。波照間島では、普通の値段で買うことが出来るが、一歩島を出ると、グッとお高くなり、本州では、とんでもない価格で売られていて、とても買えない本当に幻の泡盛なのだ!

 「ゴクゴク・・・」う~ん美味しい。幻の味がしたような気がする(笑)!みんなに気前よく配ってくれた旅人さんに感謝です。八重山2日目の夜も泡盛を呑み、部屋にGがいることも忘れて、ぐっすりと眠りにつくことが出来た。

 目覚めると2005年9月18日・・・カーテンを開けるとあれだけ沢山いた虫たちは、すっかり消えていて、代わりに雲ひとつない青空が広がっていた。9月は、「台風シーズンですから・・・」と、HISお兄さんに脅かされていたが、とんでもない!晴れ女は、台風もぶっ飛ばすのです!

d0020358_12541975.jpg

ホステルのおばちゃんの車に乗り、「星砂の浜」に行った。浜に隣接するお土産物屋さんで、シュノーケルセット(有料)を借りて、数時間ここの澄んだ綺麗な海で、熱帯魚と一緒に泳いだ。

途中、餌のソーセージに間違われて、大きい熱帯魚に、左手の中指をカブっと噛まれるというハプニングに見舞われたが、血を流しながらも、シュノーケリングを楽しんだ!

 燦々とふりそそぐ太陽を受けて、また焼けたけど、見事な珊瑚礁と、綺麗な西表の海に感動しながら泳いで、とても楽しい時間でした。いるもてのお迎えの車が来て、宿へ帰る。車の中で、生まれて初めて【さとうきび】をいただいた。甘いと思っていたけど、あんまり美味しくなかった。

 西表島から正午過ぎのフェリーに乗り込み、一度石垣島を経由して、いよいよこれから竹富島へ向かいます!!

 
[PR]
by dance_littlerock | 2005-11-26 13:01 | 沖縄・八重山諸島