旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十二、バイバイ台湾

HISの担当者がホテルに迎えに来てくれて、また小型バスに乗り、他のホテルにも寄りながら、初日にも行ったエバーリッチ免税店へ行きました。
そんな頃、リリーたちから「空港まで見送りに行くね!」とのメールが!また会えるの?嬉しい*\(^o^)/*

バスは台北市内から国際空港のある桃園市へ。旅行から帰る時ってなんだか寂しい。

空港でエバー航空にチェックインしてすぐ、スワローとリリーと再会!わざわざ来てくれてありがとう!
空港内のフードコートでスワローがお肉とお豆腐の入った美味しそうなものをご馳走してくれました。
d0020358_15232220.jpg

ギリギリまで食べたなぁ。胃袋が喜ぶ旅行だったわ ♪(´ε` )

次はいつどこで会えるかな。台湾と日本は近いから、そんなに悲しいバイバイじゃないね!と思いながらも私は泣いてしまいました!

スワロー、リリー!また会おうね(^o^)/
d0020358_15232395.jpg

出国手続きをしてると、もう結構いい時間になり、今回はラウンジには行けず。

帰りの飛行機に乗り込むと、向こうの方で稲光が見えました!!ゲッ!
CAさんが「今日のフライトは揺れる事が予想されますので、赤ちゃん用のバシネット(固定された揺りかごみたいなやつ)は使えません。」とのこと。うちは使う予定なかったけど、そんなこと言われるとたとえ短いフライトでも少々緊張する。

離陸したら、超デカイ雷雲が見えました。「ラピュタみたい!」←大きい雲を見たら決まってこう思う私(笑)。

大きくて暗い色の不気味な雷雲を避けて飛行すると、真っ青な空が見えました。めっちゃ綺麗!感動!窓にへばりついて見続けました。

こんな時、中学の寄書きに担任の三原先生が書いてくれた言葉をいつも思い出します。

「どんな雨や曇りの日でも、その上には真っ青な空があることを忘れないで」
まさにそれでした。

三原先生の言うところは、実際の天気の話だけじゃなく、人生においての教訓なんだと思うけどね。素敵で大切な教訓です。


揺れると思っていたけど、全く揺れず快適なフライトでした。でも今回のベジタリアン機内食は美味しくなかったなぁ(^_^;)

着陸後、CAさんが「揺れると言ってすみませんでした。」とのこと。そんなん全然いいですよー!

成田空港では、夫がちょっとやってみたかった事をしました。お盆やお正月のニュースでよく見る旅行帰りのイキッてる日本人旅行者の真似(笑)。
出てくるとこ。
d0020358_1523243.jpg


たった二泊三日だったけど、とっても楽しく充実した旅行でした!息子にとっては初めての海外旅行だったし、私たちにとっても初めての子連れ海外旅行だったし、思い出深いものになりました。


◆まとめ◆
台湾は健康的で美味しい国。
台湾人は知らない人同士でも年齢性別が違ってもほんまによく喋る。
台湾のスコールは折り畳み傘が壊れるくらい強い(私の壊れた)。
台湾の建物はほとんど古く1階は商店になっている。
台湾人はお土産にお茶を渡すのが好き。
台湾人は老若男女とわずポロシャツかメッシュ地の服を着るのが大好き。
台湾のタクシーは、自動ドアではない。もし閉めるの忘れて行こうとしたら大声で呼び止められる。
台湾人ドライバーは、車のフロントミラー付近に御守りをたくさん付ける。
台湾人の子供は夜更かし。
台湾人の子供には、黒いくちばしの鳥のキャラクターの漫画が流行っている。
子連れ海外旅行は夫婦でよく協力したらなんなく出来る。
子連れ海外旅行では、節約は二の次にしてタクシーを使うこと。
子連れ海外旅行は、やはり大人単独よりは疲れるけど、その分、新しい発見があったり、現地の子供連れとも気軽に話せて楽しい。

結果、やっぱり旅行は面白い*\(^o^)/*
d0020358_0412952.jpg

[PR]
by dance_littlerock | 2013-07-31 14:01 | 台湾・中国