旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お礼に日本料理を作る

  2005年5月11日

 いよいよ今日で、私の5回目のマレーシア滞在も終わり。心底寂しい。毎度のことながら、AguとLimには、本当にお世話になった。彼らほど私を大切にしてくれる人はいないんじゃないかってほど、暖かく接してくれる。今回一緒に過ごしたことで、国境を越えた親友から、家族の一員へと私たちの関係は深まった気がした。たぶん彼らもそう思ったに違いない。

 何も出来ない私だが、せめてものお礼として、日本料理を作ることにした。KLには、ジャスコがあるので、ここで日本の食材を調達できる。ココは日本かというほど、何もかもそろっているので、マレーシアに移住したとしても、日本食が恋しくなることはないと感じた。もちろん、値段は少々高めだが。

  お昼ごはんに、肉じゃがときんぴらゴボウ、晩御飯に、親子丼とサーモンのピカタを作った。
 
d0020358_1559832.jpg

日本じゃ考えられない話だが、台所で家事をしていると、アリがいっぱいやってくる。別に甘いものを特別使っているわけではないのに、暑い国マレーシアでは、家にアリがいることは全くもって珍しくない。最初は、食べ物の周りにアリがいるなんて、有り得なくてすごく嫌で、ギャーギャー騒ぎながら料理をしていたが、不思議なもので時間がたつと、だんだん気にならなくなり、アリが突然まな板のそばを歩いていても、さらっと手で払えるようになっていた。
エミ強くなった・・・と思った。これがもし日本の自分の家の台所なら、発狂すること間違いないだろうけど。

  彼らのお友達2人(共に中国系マレーシアン)も家に来て、みんなで食べる。一番人気が高かったのは、サーモンのピカタ。あっという間になくなった。逆に人気がなかったのは、私の大好きな肉じゃがと親子丼。ショックだった。なんでも、中国料理には、砂糖を使うことはないらしく、肉じゃがなどの甘みが、彼らのお口には合わなかったようだ。一つ勉強になった。

 KLIA(Kuala Lumpur International Airport)へ向かう車の中は、ちょっとしっとりしていた。彼らにサヨナラを言わなければいけない。再会が、最高にワクワクする瞬間なら、別れの瞬間は、最悪に辛いもの。これが私の一番嫌いなもの。また会えるって言ったって、この瞬間、その後数日・数週間は、本当に寂しくて辛いんだもの。いやだな~。

  時間が余ったので、空港内のカフェで3人で話をする。先月ヨーロッパへ向かう前に出会った時と同じ、マレーシアリンギットから日本円への換算方法について、熱く論議した。彼らも私とサヨナラするのが辛かった。本当、今度は日本へ来てほしいな。でもやっぱり日本は高いらしい。香港かハワイか第3国で会おうよ、とAguが言った。

  あっという間に時間になった。HUGして、何を話したか覚えていない。でも、もう一度HUGし合った。こうして私たちの4回目の再会は、幕を閉じました。寂しい。けれど、私たちには次の再会がある。いつかわからないけど、私たちの関係は、永遠だとわかる。

  ”有縁千里来相会”
この言葉を胸に、また次の再会まで、元気でね、Lim&Agu!

[PR]
by dance_littlerock | 2005-09-03 16:16 | アジア紀行