旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

マレーっ子の避暑地 Genting Highland

  一年中暑い暑すぎるマレーシア。エアコンに頼る以外に涼めないのか・・・
No worry。クアラルンプールから車で1時間ほど、ぶっ飛ばすと、ゲンティンハイランドという山岳地帯に聳え立つ大規模なレジャー施設がある。
ゲンティンとは、マレー語で、「雲の上の高原」という意味らしい。ここの魅力は、平均気温20℃と年間を通して涼しいこと、そして、最大のウリは、政府公認の国内唯一のカジノがあることだ!

   山の麓で車を降りて、ケーブルカーに乗り込む。さて、みなさん、ケーブルカーといえば、どんなものを想像しますか?小さな箱に乗り込み、ちょっと高い所から景色を楽しみし、あっという間に到着!・・・これが普通でしょう。

d0020358_15255592.jpg

しかし、ここのケーブカーは、ただ者ではなかった。なんと東南アジア1長いケーブルカーで、その距離3キロ!!それも古そうなケーブルカーで、ミシミシ音が鳴り、ゆっくりゆっくり進む。見渡せば、眼下には私の大好きなRain Forest熱帯雨林のジャングル。どんな生き物たちがいるんだろう。ワクワクしないといけない所だが、なんだか怖くて、早く着いて欲しい。途中、「ガタっ!」と大きな音がした。Aguと目が合った。

 やっとの思いで、ゲンティンハイランドに到着。贅沢な考えだが、着いたら着いたで、あの眼下に広がるジャングルの景色を見れるケーブルカーが恋しくなる。ビビリのあまり、心底楽しめなかったことが悔しい。強くなりたい!

d0020358_15281771.jpg




ゲンティンハイランドには、沢山の高層ホテルがあった。
特に第1飯店(First Hotel)なんて、2,000室も部屋がある巨大ホテル。マレーシアって、長すぎるケーブルカー巨大すぎるホテルなど、突っ込みどころが満載である。

  チキンライスを食べてから、いよいよカジノへ行く!広すぎるホテルのため、3人で迷子になり、なかなか着かなかったが・・・。なんとか到着。
みんな真剣にカジノに熱中した。結果は・・・
  Emi lost RM10
  Agu lost RM150
  Lim won RM20 !!!

再び、ケーブルカーに乗り込みジャングルを楽しんで、帰路についた。
あ~、マレーシア楽しい!
[PR]
by dance_littlerock | 2005-09-03 15:40 | アジア紀行