旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

日光田母沢御用邸記念公園

レストランのおばちゃんに教えてもらった通り車を走らせると、「田母沢御用邸記念公園」の看板が見えてきました。車を泊めて、入館料500円を払って中へ。
d0020358_1326259.jpg

親切そうな受付の方が、「ちょうど2時半から無料で係員が説明しながら周りますので、よかったらどうぞ。」と言ってくれました。いつでもどこでも「無料」という言葉に弱い私は、ラッキー☆と思って参加しました。

“さすが御用邸の関係者”と思わせるような穏やかな口調の品あるおじさんが、観光客20人くらい(全員おじさんおばさん)を率いて、説明しながらお部屋を周ってくれました。

木造建築の建物は、だいたいが2階建てで、古いけれども装飾等は、シンプルな豪華さで、とても品がありました。どの部屋からも緑いっぱいのお庭が見れて、とても綺麗でした。天皇の部屋や天皇がお通りになる廊下には、金の釘隠しが施されてあり、下の者が通る廊下等には、黒っぽい釘隠しなど、係員のおじさんが丁寧に説明してくれました。

途中、飽きてきて、別の部屋を見に行ったりしたけど…
d0020358_13264786.jpg

“るるぶ日光那須塩原”号によると、この田母沢御用邸とは、明治32年に大正天皇(当時は皇太子)のご静養のために造営された御用邸らしい。昭和22年まで三代にわたる天皇・皇太子が利用された天皇家の生活様式が垣間見れる貴重な建造物らしい。部屋数は、なんと106もあるんだって!どおりで「広い!迷子になりそう!」と思ったはずだー。建物は、平成15年に国の重要文化財に指定されたんだって。ホントこんな貴重な建物を見せていただけるなんて、ありがたいと思いました。

この写真は、ビリヤードルーム。「御玉突所」と書いてある。うちのおばあちゃんが“ビリヤード”のことを“玉突き”と言っていたことを思い出した。
d0020358_1329471.jpg

今までもお城や神社などの中を見学したことは多々あるけど、ここはまた少し、というかだいぶ違っていて、つい100年もたたない前まで、天皇家が過ごされていたんだなと思いがあって、観光者として有意義にかつ神聖な気持ちで見学することができました。

レストランのおばちゃん、良いとこ教えてくれてありがとう!


本日のお宿にむかう。
ペンション“ONE MORE TIME"日光中心からは車で7~8分の山奥にありました。
http://www.one-nikko.com/index.shtml
じゃらんで予約して、朝夕食事付き13,440円/1人

パーキングには、ベンツとBMWが停まっていたから、ちょっとびっくり。うちらは、「わ」ナンバーでなぜか札幌のレンタカーです。北海道からはるばる来たと思われてそう。

外国風のコテージで、受付したいただいた方はいい感じの女性。安心する。お部屋には、専用露天風呂があるメゾネットタイプ。夕食の6時半までに、さっそく露天風呂に入ってお部屋を満喫しました。夕食が楽しみだ~☆!!
[PR]
by dance_littlerock | 2011-06-08 13:25 | 東日本旅行