旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ニーハオ!台北

 2003年1月1日、新年を迎え、新たな気持ちになったところで、台湾へ行ってきました。同行者は、短大時代の通学仲間・M子。彼女との海外旅行は、オーストラリア('96)についで2回目です。彼女と旅をすると、決まって面白い出来事が起きる・・・そんな私たちの迷信(?)を今回も期待しながら、台湾へと向かいました。

 1/1(水)
 台北中正国際空港は、、とっても殺風景でなんとなく怖い印象を受けました。HISの現地の添乗員は、うさんくさい容姿で両替のお金もスーパーのビニール袋に入っていました。M子と共に不安を募らせながら、バスに乗りこみ途中DFS(免税店)の寄らされながらも、早速無駄遣いすることもなく、エンペラーホテルに到着。これまた殺風景な中の下レベルのホテルだったけど、日中は外出するし、まっいっか。てなわけで、数十分後、NZ時代のホームステイメイトYiMeiがお迎えに来てくれました。台北出身の彼女は、中学時代からNZに留学し、高校では日本語も学び、中国語・英語・日本語を操るトリリンガル!

 そんな最強のガイドに案内してもらい、士林夜市へ行きました。夜市とは日本で言う縁日のようなもので、夜になると小さな屋台がびっしりと並び、昼間よりも沢山の人でごった返します。屋台は、食べ物屋さんから雑貨屋さん・デザート・お土産物など、なんだってある。どこか懐かしい気分を味わいながら、賑やかな夜の台北を楽しみました。

 ちなみに私たちが食べたものは、コラーゲンたっぷりのなまずの仙草スープや、牡蠣のオムレツなど。どれもこれも超美味しくって、初日から台湾の味にはまってしまいました。

 1/2(木)
 寝過ごす。せっかくのホテルの朝食は食べれず、新光三越の地下でヌードルを食べる。薄味でまずい。台湾の美味しい料理は、夜市にあり!と、この時、察する。今日は、ガイドのYiMeiはいない。地球の歩き方を片手になんとか故宮博物院を目指す!途中のバスでは、日本語のできる年配のおばあさんに助けられ(謝々)、ようやく故宮博物院に到着!この日は、最高にいいお天気、そして、この博物院はお見事な外装!感動したところで写真をパチリ☆

d0020358_16494250.jpg


 地球の歩き方に載ってた効率のよい回り方をして、内部を鑑賞する。私たちが最も見たかったのは、『翠玉白菜』(白菜の形をした翡翠) 出会えた時は、M子と声を出して喜び合った。その白菜にはキリギリスが乗っている。こんな見事な翡翠があるなんて!なんでも白菜は清廉潔白の象徴で、キリギリスは子孫繁栄の象徴らしい。私もそう遠くない将来に子供に恵まれることを祈って、その場を後にしたのでした。

 街に戻ってきて観光していると、面白い名前のお店を発見!その名も「台北牛乳大王」これは入るしかない、と言って、ミルクベースのパパイヤジュースを飲んだ。これがまた美味しい!台湾では、食べ物以外にも飲み物にもかなりはまってしまった。

 その後、CHANELに行きました。M子がカモシカを見つけたチーターのように窓越しに狙いをさだめ、超高級のCHANELの鞄を10秒で買った。「前から欲しかってん。」と言いながらも、その男前な買いっぷりに驚いてしまった(^-^;)ステキ☆
 
 1/3(金)
 今日は寝過ごすことなく起きた。昨日食べ損ねたホテルの朝食をいただく。味噌汁はまるで砂糖が入ってるかのように甘かった・・・。今日も寝過ごして良かったかも。

 今日は、またYiMeiにガイドをしてもらい、中正紀念堂に行った。蒋介石の博物館にも行った。彼の子孫はもういないらしいが、奥さんは90歳以上になった今もアメリカで元気に暮らしているとの事。台湾の複雑な歴史や、まだ終わっていない中国との抗争について、考えさせられる博物館だった。

 お昼になった。いよいよ今日は、「県泰豊」へショーロンポウを食べに行く!それは、NY TIMES紙が選ぶ世界10大美味しいものの一つに選ばれたほどの絶品。これを食べなきゃ台北に行った意味がないということで、人気店のためYiMeiに前日予約をしてもらい、長蛇の列に加わることなく、入店した。

 お味は、そうりゃあもう、口の中でとろける肉汁。なめらかな舌触り。コクと深みのある本格派のお味。美味しんぼじゃないから、うまく表現できないので、写真を見て、想像して下さい(笑)

d0020358_1650368.jpg


 お腹いっぱいになったところで、お買い物をしつつ、バスを乗り継ぎ、公館夜市に向かった。まだ夜ご飯には早いということで、近くにある台湾大学へお邪魔する。台湾大学は、台湾屈指の国立大学で、学力は東大以上、ハーバード・オックスフォードレベルとのこと。わお。正門から続く長い道の左右には、南国特有の木が植えられ、まるでカリフォルニアへ来たような気分になった。校庭では、若者たちがバスケットボールをしている。とっても素敵な雰囲気。「いつかココに留学したいなー。」

 夜になり、夜市で食事。最後の夜とあって、財布の紐もゆるみ、YiMeiとおそろいの指輪と、M子とおそろいのピアスを買った。YiMeiとは今日でお別れ。また、台湾か日本はNZで再会しようね、と言ってバイバイした。彼女は、とっても明るく賢く素敵な女の子。案内してくれて非常謝謝!再見!

 1/4(土)
 早起きして、GUCCIへ行った。M子に負けずと、財布を買う。こんな高い財布初めて手にした!やったー!(2年後、その財布は、京都のゲーセンで掏られてしまう・・・)GUCCI前で、髪を金髪に染めたぜんじろうとすれ違う。

 帰りの飛行機は、わすが1時間半と短かったけど、とても揺れてM子と手を握り合いました。関空につくと一面の雪景色。雪雲のせいで揺れたんだなー。

 そんなこんなで、私たちの台北旅行は、無事に終わりました。台湾は、近いから行きやすいし、人々も親日家で、食べ物も美味しく、暖かく(夏は激暑だろうけど)、本当に大好きな国になりました。また、行ってみたい国の一つです。
[PR]
by dance_littlerock | 2005-04-20 14:29 | 台湾・中国