旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

くず餅

ママ友がうちへ遊びにきてくてた時、私がず〜っと食べたかった船橋屋のくず餅を持ってきてくれました〜!

亀戸天神の名物らしく(東京に数店舗あり)、とても気になっていた和菓子でした。

見てみて〜こんなの〜!わらび餅とは違う。美味しそうでしょう!?
d0020358_11083992.jpg

小麦でんぷんが原料とのこと。和菓子なのに発酵食品で、1年以上も熟成させて作るらしいんです。

黒蜜ときな粉もついています。かける順番を間違えると…きな粉が黒蜜を弾いてしまうので要注意〜(>_<)
d0020358_11083950.jpg

うちの子はお餅を食べないし、夫も甘いものは苦手なので、ほとんど私が独り占めして頂きましたぁ(^-^)

家にあるいちばん高級なお皿にのせると、めっちゃ見栄えするわ〜!
d0020358_11083954.jpg


この日は、五黄土星という星が中宮にいて、世の中は五黄土星の気に満ちていました。

五黄土星には発酵食品という意味があるので、この日くず餅を手にするのは、まさに自然の気の流れの通りでした。

この日はママ友に会う前、朝から日盤吉方取りに出かけ、方位も味方につけ、より一層充実した日となりました。


方位を知らなくても、自分の心がけ次第で人生を楽しく過ごすことは、いくらでも可能です。

でも、方位のチカラも味方につけると凄すぎて、もう止められなくなります(^o^)




[PR]
by dance_littlerock | 2016-05-31 10:45 | 気学

六白金星の級友

20年ぶりに同窓会の通知が来ました〜!懐かしい顔ぶれが目に浮かぶわ〜

今年を表す星:二黒土星には「古い」という意味があって、今年は古い物事や話題、人が出てきたりしやすいんです。

反面、古傷を蒸し返すような問題もあるかもしれません。持病がある人は念のため要注意です。

陰と陽、表と裏があるように、物事には両面が常に存在していて、私たちの心がそれをどう捉えるかというコト。

九星にも吉凶両面があります。
九星とは、一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星

人それぞれにも生まれ年と月によって、星が割り振られています。

それと同じく、物事/事象にも九星が必ず当てはまります。

鶏肉は七赤金星、豚肉は六白金星、牛肉は八白土星。

腎臓病は一白水星、肝臓病は三碧木星、癌は五黄土星。(その星の人がその病気になるって意味ではない)


私の学年はほとんどの人が六白金星。

今年は、六白金星は離散集散の年。同窓会をしようとなった動きは理解できます。

人によっては表彰されたり目立ったりしやすい年。

とても多忙になる。それ故に家庭がおろそかになり、イライラしてケンカになりやすいが、絶対に争ってはいけない年。

今年夏以降から来年にかけて、何事も気をつけなくてはならない年。交通事故や病気。

家相や姓名により、同じ六白金星でも運勢はバラバラですが、傾向としてはみな上記のようなものを持っています。

過去に吉方引越ししているか、凶方引越ししているかでも、ガラリと運勢は変わってきます。

どんな状況でも吉凶の吉を出せるように、気学を駆使して、吉方取りを続けています(^o^)/

同窓会で六白金星の級友たちを見てみたいな〜。みんなもう今年40歳!(◎_◎;)


[PR]
by dance_littlerock | 2016-05-28 21:34 | 気学

霞ヶ浦

パパが追っかけている女性ボーカルのライブのために茨城県までやって来ました!

高速が混んでいたこともあり、出遅れて椅子には座れず。さすが大人気ボーカリスト!でも、モールで無料ライブをしてくれるなんて太っ腹だね!
d0020358_23383694.jpg

五十手前だというのに綺麗ですね。私もこんなエネルギッシュで、自分に正直な、自分の意思をはっきり言葉にできるキラキラ輝く女性になりたいです!

せっかく茨城県まで行くしとのことで、茨城県在住の友人と会う約束をしました。8年ぶりの再会です!

彼女とは、オーストラリアの畑で汗水流して働いた仲。360度・周りは赤土の大地以外何もないというド田舎で、毎日協力して生き抜いた仲間です!

数年会わない間に、お互い良き伴侶と可愛い子宝に恵まれました。ありがたや〜

パパがライブを見て感動している頃、再会を果たした私たちは、霞ヶ浦を水陸両用バスにのって観光でーす!
d0020358_00061974.jpg

陸から海へジャポーン!!想像以上に揺れて水しぶきがかかってびっくり!でもめっちゃ楽しい \(^o^)/

琵琶湖に次ぐ大きさの霞ヶ浦。水は濁っていたけど、いま一生懸命に綺麗な水に戻そうと努力しているらしい。友達のおじいちゃんが子供の頃は、水は透明で泳ぎまくっていたんだって!
d0020358_00061918.jpg

ガイドのお姉さんが面白くってとても楽しいツアーでした!

この辺りはヨットハーバーでヨットがたくさん!バス釣りも有名らしい。ちょっとNZのオークランドのようです。
d0020358_00061921.jpg


それからライブ終わりのパパと合流。友達の案内で湖畔の公園へ。緑が綺麗で気候も良くてサイコー!
d0020358_00061975.jpg

ここでなんとパパが四つ葉のクローバーを見つけてくれました!それも一瞬にして見つけた!意外な特技があったのね!
d0020358_00062026.jpg

(押し花にして今年の私の手帳に貼りました!)

パパたちも共通の話題があり、仲良くお話が出来たようで良かった。2つ違いの子供らも少しづつ打ち解けてくれました。

可愛い〜!
d0020358_00062001.jpg

8年経っても変わらず、あの時のまま。明るさ前向きさいっぱいの友達でした。縁がある人とは何年会ってなくても、しっかり繋がっているもんですね〜
d0020358_00062054.jpg

初めての茨城県、とても楽しかったで〜す!







[PR]
by dance_littlerock | 2016-05-22 07:04 | 東日本旅行

日本女子大学

先日までの朝ドラ「あさが来た」ー とても面白かったので、私も毎朝楽しみにしていたし、息子も始まりの曲をよく口ずさんでいました。

その中で主人公が創設に一大奮起した女学校が、目白台にある日本女子大学です。
d0020358_17544513.jpg

もともと三井財閥の所有地だけあって、場所は高台の一等地にあります。さすが〜

女子大生だけでなく、ドラマの影響なのか、おばさん連中もたくさんキャンパスを歩いていました。
d0020358_17544601.jpg

私たちもお邪魔させていただいて、成瀬記念館などを見学しました。創立者の成瀬仁蔵のゆかりの品々が飾ってあって、これは結構見入ってしまいました。

それから腹ごしらえです(^-^)女子大の学食なんて初めて。楽しみだな〜!
d0020358_17544691.jpg

北海道・沖縄フェアをしていたので、私はタコライスにしよう。

ポン女(日本女子大学をこう呼ぶ)の学生さんに交じっていただきました。
d0020358_17544662.jpg

「息子が女の子なら、ポン女に行かせたいわ」と思うほど、素敵な雰囲気のキャンパスでした。

それから少し周辺を散策しました。ここは高台で南側が坂になっています。富士見坂というらしい。昔はここから富士山が見渡せたんでしょうね。

下った先に見える高層ビル群はたぶん新宿だと思います。
d0020358_17544677.jpg

息子が下まで降りたいというので、散歩してみました。大豪邸がありました。それからまた上ったけど、息切れが半端ない…息子も下るときは喜んでたのに、上りはテンションさげりまくり。

私は気学の勉強で方位学だけでなく、家相地相も習っているのですが、この辺りの地相はものすごく良いな〜と感じました。政治家とかが多く住むわけですね。

引越し先を決める時は、吉方で入居するのはもちろんのこと、家相と地相もものすごく大事です。





[PR]
by dance_littlerock | 2016-05-15 17:13 | 東京生活

赤坂迎賓館

母のリクエストで、事前にネット予約をして赤坂迎賓館の見学に行きました。きちんとした格好が良いのかなと思って久しぶりのおめかし。

四ツ谷駅から歩いてすぐ。いきなり宮殿が見えて、身が引き締まる思いです。
d0020358_17404678.jpg

東京にこんな所があるとは。すぐお隣は学習院初等科です。

ロンドンのバッキンガム宮殿のゲートを思い出しました。日本じゃないみたい!
d0020358_17404764.jpg

まず見学に当選した紙を見せて、それから全員の身分証明書を提示。

そして、飛行機の搭乗ゲートにある金属探知機に1人づつ通ります。カバンも預けて、飛行機に乗る前と全く同じでした。

それからチケットを購入。大人千円。息子は無料。迎賓館の中は写真撮影禁止です。

◇◇◇

一言で感想をいうなら豪華絢爛!一見の価値ありです!
1トンもの重さがあるシャンデリアはそれは見事だったし、大理石の柱や天井に描かれた絵や七宝焼きの数々…

素晴らしかったです。

裏庭の風景は、ハンガリーのシェーンブルン宮殿を思い出させてくれました。
d0020358_17404782.jpg

ヨーロッパにいるみたい。

表側がこれまた素晴らしい!
d0020358_23312602.jpg

東京在住5年目ですが、こんな宮殿があるとは知りませんでした。
d0020358_23312689.jpg

東京はどこへ行っても外国人観光客が多いけれど、ここには居なかったなぁ。

子連れはオッケーだけど、階段の手すり以外は触ってはいけないので、ずっと手を握りしめていました。子連れで行く方はお気をつけくださいませ〜(^-^)








[PR]
by dance_littlerock | 2016-05-01 17:25 | 東京生活