旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

江ノ島旅行 4

江ノ電に乗りこみ、さぁどこで降車すべきか?
前回降りなかったということと、鎌倉駅まで歩いていけるとのことで、「和田塚」駅に決定〜☆

息子は窓の景色を見ている途中で寝てしまいました。江ノ島でいっぱい歩いたからね〜


和田塚の甘味どころは、駅のまぁ前にありました。というか線路の横が入り口です!
d0020358_10460146.jpg

あまりの斬新さに感動して写真を撮っていると電車が来て、車掌さんが「もっと横へ寄って」と合図。

これは車掌さんも大変だ!ついつい写真を撮ってしまう人が毎日わんさかいそう。

和田塚と検索したら1番に引っかかった甘味どころ屋さん。ほっこりと休ませていただきました。
d0020358_10460114.jpg

まったり〜

家にはないお雛様に見入るお昼寝から目覚めた息子。このお内裏様とお雛様は、かなりの年季が入ってて立派なものでした。
d0020358_10460145.jpg

それから鎌倉まで歩き(その道沿いのお洒落な事と言ったらないってくらい)帰路についたのでした〜(^^)

私たちは一泊旅行でしたが、この辺りは東京まで通勤できる圏内です。私や夫の感覚では、いくら圏内とはいえ毎日の通勤は大変!
と思っていたけど、例えそうだとしても「住みたい!」と思える素敵な環境でした。

まだまだ見足りない知り足りない食べ足りない江ノ島、湘南、鎌倉エリア。
また次回までごきげんよう〜(^o^)/








[PR]
by dance_littlerock | 2016-02-15 10:24 | 東日本旅行

江ノ島旅行 3

今日は江ノ島全土をしっかり探索することと、由緒ある江ノ島神社で夫の厄祓いをすることが目的です!

お天気に恵まれました!
d0020358_13510765.jpg

江ノ島へ渡る橋から富士山が見えました。なんて美しいのかしら〜!トンビも元気よく飛んでいます \(^o^)/
d0020358_13495336.jpg

神社は江ノ島内に何箇所もあるみたい。

エスカーと呼ばれるエスカレーターで、三段階くらいに分けて上がっていきます。
d0020358_13495388.jpg

神社では前厄の夫が厄払いを祈願。

私は気学でいうところの恵方参りをしました。夫に「あんた拝むの長いねん!」と突っ込まれるほど、心の中で神様に色々とお伝えしました。後ろに並んで待っててくれてた人たち、ごめんなさいね(笑)
d0020358_13495332.jpg

私たちはエスカーで上がったけど、もちろん階段でも上がれます。こんな景色を見ながらです。
d0020358_13495313.jpg

風があったから寒かったけど、いいお天気で春のお花がもう咲き始めてます。青空と桃色のお花のコントラストが綺麗なこと。
d0020358_13495462.jpg

もう一つの神社でも参拝して、3回目のエスカーで上がってきたところは、どうやら頂上のようです。

展望台がありました(別料金)。そこからの眺めは360度見渡せて、素晴らしいの一言です!

私達あの橋を渡って来たのね。
d0020358_13495434.jpg


昨日、貝拾いをした湘南方面の景色も素晴らしい!こんな海岸線をこちら側から見れるなんて、島のおかげ。
d0020358_13495438.jpg

頂上からは階段のみの下山です。

あれ?メインの神社はどこだったのかしら?確認するとまだ通っていない奥の方に本宮があるとのこと。江ノ島って想像以上に大きい(広い)島でした。

裏側にもお食事処が連なる参道と立派な神社がありました。
サザンの歌詞〈勝手にシンドバッド〉でしか知らなかった江ノ島ですが、歴史があってほんまに素晴らしい島です!

そしてランチタイム!

生しらすは3月まで解禁されてなくて釜揚げしらす丼にしたけど、それでも十分美味しいかった〜
d0020358_00040632.jpg

満足でございました ^o^

そして、歩き(下り)続けるとこんな所にまで来れました。息子もよく歩いてくれた。すごいよ!
d0020358_00040696.jpg

d0020358_00040614.jpg

ここは江ノ島へ渡る橋からは、かなり離れている島の裏側。戻るには階段でひたすら上って、また結構な距離(時間)を歩いて戻らないといけません。

考えたら嫌になってきた。

と、ここから船が出ているらしい。有料だけど今は節約よりも楽チンを選びたい!

で乗ることになった船は35名乗りの小さな船。おじさんたちが適当にカウントして乗せていく。
ほんまにちゃんと数えてる?定員オーバーじゃない?不安がよぎるけど信じるしかない。

出発。スピードが半端ない!
揺れてめっちゃ恐〜い!!

船長たのむで〜!
d0020358_00040750.jpg

乗客みんな笑顔が引きつってる!
ライフジャケットがほしい!
陸が恋しい!
d0020358_00040735.jpg

船は怖いけど、早い早い!
さっき登った展望台が見ます。
d0020358_00040873.jpg

あっという間に橋をも超えて、本州(⁈)に到着しました。

着いた時は心の中で「viva陸!」と叫んでしまった。私は船乗りにはなれないな。
d0020358_00040867.jpg








[PR]
by dance_littlerock | 2016-02-12 11:37 | 東日本旅行

江ノ島旅行 2

息子のために新江ノ島水族館に行こうと思ったんだけど、結構な値段がする。お土産物屋さんで「びっくらたまご」だけを買って、水族館はまたの機会にとしました。

びっくらたまごは、お風呂の中にいれるボール型の入浴剤で小さなオモチャが入っていて、何が出るかは溶けてからのお楽しみ。これが大好きなようで、今まで何個買ったことか…。家のお風呂には、びっくらたまごのオモチャだらけなんですよ(^_^;)

(ちなみにこの水族館バージョンの中からは、マンボーが当たりました〜☆)

水族館の近くには私がめっちゃ行きたかったカフェがあります!海岸で遊び疲れたし、ここでゆっくりすることにしました。
d0020358_11154052.jpg

と言っても、超人気店なので寒空の下30分並びました。土曜日の昼下がりにしたら、待ち時間はまだ短い方だったみたい。

何を注文しようかしら(^o^)食べたいものがいっぱ〜い!
d0020358_11154042.jpg

まずは定番のコレでしょ!ホイップクリームたっぷりのパンケーキです。
d0020358_11154109.jpg

意外とあっさりしてて、生クリームが苦手な私も食べれました。

息子はブルーベリーがかかった部分が嫌で、綺麗なところだけ食べました。お店がぬり絵セットも用意してくれて、満喫できたようです(^o^)
d0020358_11154181.jpg

それからパパが食べたかったエッグベネディクト!濃厚に見えるけど、そうでもなく卵好きにはたまらない一品ですね。
d0020358_11154139.jpg


食べ終わるともう夕方。

江ノ島駅は竜宮城を意識して作られています。
息子に「どこかで玉手箱をもらうかもしれないけど、絶対に開けたらダメよ!」というと、め〜っちゃワクワクしていました。可愛いねぇ(o^^o)
d0020358_11154196.jpg

今夜のお宿にチェックイン。それからすぐ近くの温泉にいきました。

ホテルの部屋は3人には狭いので、こんなゆっくりできる温泉が近くにあって、超ラッキーでした。
d0020358_11154155.jpg

息子はママと入りたいとのことなので、一緒に女湯へ。入り口に「小学生以上の異性は入らないように」と注意書き。

そうね。昔は低学年でも女湯に入ってる男の子いたけど、今は時代が違うものね。

ということは、息子とこうして温泉などに入れるのはあと2年!しかない!

小さい女の子と一緒に入っている母娘を少し羨ましい目で見てしまった。

でも、私の子供の可愛らしいことよ。純粋無垢で、女の子よりも優しいのよ。友達のオモチャを取ったりしたことないし。

でも身体はすくすく大きくなって、もうすぐ一緒に温泉には入れないのね。

でも絶対、中学生になっても、高校生になっても、大学生になっても、社会人になっても、旅行やお出かけかは一緒に行こうね!!

風呂上がり卓球をして遊びました。めっちゃ楽しめた。無料!
d0020358_11154156.jpg

(写真左は知らんおっちゃんです)

夕食も食べて帰りました。
あー、楽しい日でした。










[PR]
by dance_littlerock | 2016-02-09 10:40 | 東日本旅行

江ノ島旅行 1

久しぶりの家族旅行は「ここのハンバーガーは世界一!」と口コミで見たお店へ向かって出発〜(^o^)/
d0020358_11363568.jpg

駅の真ん前にあるお洒落なお店は、この改札を出て三歩。期待が高まるぜ!
d0020358_11363531.jpg

10時半過ぎに来たけど、オープンの時間が今年から延びてて、小一時間ほど近所をぶらぶら。

もうすぐ閉店と書かれたかなり古ぼけた雑貨屋のようなお店に息子が入って行きました。全部半額やそれ以上と書いてある。

「初めて観光に来たんです。」というと足のわるそうなおばあちゃんが地図を片手に説明してくれました。

「この辺りは大きなお屋敷が多かったけど、最近はその土地を分けて家を建ててるから、小さな家ばっかり…」としみじみ。「私も夫の家族も昔は東京に住んでたんだけど、家族が結核にかかってね〜。静養のためにこの辺りに越して来たの。昭和15年のことよ。そのあと戦争もあったしね…」

この辺りは当時そういう事情で東京の喧騒から逃れて越して来た家族も多かったみたい。別荘も多かった。でも最近はそれらを取り壊して、近年の家々が立ち並んで、おばあちゃんの知っている時代とは雰囲気が変わってしまったみたい。

おばあちゃんからしたら寂しいよね。「私もそんな戦前の景色や人々の暮らし見てみたかったです」なんて言いながら、息子は半額になった妖怪ウォッチのシールを買って買ってと。50円。

さらにおばあちゃんは、「これもういらないから」と、売り物のミッキーのリュックとハンカチのセットを息子にくれました。

おばあちゃん、ありがとう!なんだかもっとお話を聞きたかった。

11時半になり、いよいよハンバーガータイムです!化学調味料など使わず、すべて無添加の食材にこだわったお店。どんなお味かなぁ〜?
d0020358_11363684.jpg

自分でソースを選んでつけて、セットして食べます。

確かにハンバーガーはめっちゃ美味しかった!はるばる食べに来たかいがありました。
d0020358_11363699.jpg

パパのハンバーグは思ったより小さくて、息子にほとんど取られてしまい、この後パパはファミマで腹ごしらえ(笑)

それからおばあちゃんおすすめの鵠沼海岸へ向かいます。

途中、近年建ったと思われる家々があったけど私から見れば豪邸。その合間に古いお屋敷もあり、ものすごい坪数。これが昭和初期にあった家の大きさなんだろうなぁ。

時代は変わる。


すぐに海岸が見えてきました。こんな真冬の時期なのにサーファーがたくさん!それは予想していたけれど、驚いたのは結構年配のサーファーが多いこと!女性も多い!格好イイ〜〜!
d0020358_11363682.jpg

自転車でサーフボードを担いで来る人も多いのね。それ用なのかタイヤが太く大きい特殊な自転車をたくさん見かけました。なんだか素敵なカルチャーショック!

サーファーとは縁遠い私たちは海岸で貝拾い。波打ち際でキャーキャー言いながら、綺麗な貝を息子と拾いあいました。
d0020358_11363644.jpg

都会っ子の私たちには、こんな体験はとても楽しかった。自然を触れ合うって大切だな〜。

これってハマグリかな?
d0020358_11363653.jpg




[PR]
by dance_littlerock | 2016-02-08 10:45 | 東日本旅行

凸凹

本日立春から気学でいうところの新年です。二黒土星の丙申の1年が始まりました。

これから1年の間に産まれる赤ちゃんは、みんな本命星が二黒土星となります。

じゃあみんな同じ運勢なのか?というと、もちろんそうではなくて、生まれ月の星が異なるので同級生でも運勢は色々です。

さらには姓名と、誕生から7歳までに住んだ家(家相)も人生に大きく影響します。

生まれ年と月から自分の吉方を読み取り、日々方位を活かして生活する。そして、名前、家相、意識(考え方)を整える。


今から四年前のこと、偶然目にしたある言葉に何故だかビビッと来ました。それは運命を感じるほど、ストンと私の心にはまりました。心の凹部分に凸が来て、ぴったりとはまった感覚。

こんな事は、疑い深い私の人生において、初めての出来事でした。

それが村山幸徳という方の言葉だと知り、先生の教えをコツコツと勉強してきました。

「気学」と言っても流派は多々あって、内容も全然違うようです。
また村山先生から学ばれた方であっても、独自の考えと融合させた気学もあるようで少し異なります。

人生って、自分が何を選ぶかによって変わってきます。
私は直接、村山先生から学べるチャンスを得たことに自分の幸運さを感じています!

あのビビッがなければ、今こんな内容のブログ書いてないもんね。


あかん、これ旅行ブログやった!
また気学のこと書いてもた!

次は旅行の内容にします。お楽しみに〜






[PR]
by dance_littlerock | 2016-02-04 19:36 | 気学