旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9.【大切な友達】

ミャンマー人の友達は、旅先で出会う人の「どこから来たの?」という問いに対し、いつも「ミャンマーから来た」ではなく「ビルマ」と答えてました。
国名が変わったとニュースで聞いたくらいの知識しかない私には、彼女の感情など知る由もありませんでした。
彼女に質問したほとんどの人は「ミャンマー」と聞いても「ビルマ」と聞いても知らないようで(^_^;)、いつも「インドとバングラデシュの間の国」と答えていたのが印象的でした。

このミャンマー人の友達とは、数年後にドイツで再会することになります。それは2005年の『ヨーロッパ旅行編』ブログを参照ください(^-^)
彼女はこのホリデー旅行の後、宿泊施設でアルバイトしていた時、旅行中のドイツ人と恋に落ち、結婚しました。素敵!

韓国人の友達はクールな子でした。夜みんなでビリヤードをした時、I was crazy for a pool game. と言って、とても上手にしてました。そのカッコ良いセリフに憧れて、私もこれからの1年でたくさんビリヤードをすることになります。

九州男児の2人は、福岡と佐賀からそれぞれ大学を休学して留学に来ていました。頭の良い子たちで、英語も上手くて、やはり濃い顔立ち(笑)でした。何と言っても印象的だったのがその喋り方、博多弁です。

とにもかくにも、この旅行のおかげで友達が増えて、私のワーホリ生活がしっかりと根付き、物凄く楽しくなったのでした。旅行に誘ってくれた佐賀県民の彼に心から感謝です。

さあ、まだまだ旅行は続きます!
[PR]
by dance_littlerock | 2015-02-09 17:33 | ニュージーランド
最初の目的地はネイピア。ティッシュのネピアの由来の街だったかな?アールデコ様式の建物が立ち並ぶオシャレな海辺の街です。

みんなで街を散策したり、スーパーで買い物してご飯を一緒に作ったり。ケンカもなく、本当に楽しくて青春でした。

ネイピアの海辺にて
d0020358_19592429.jpg

7月のニュージーランドの旅行は寒かった〜

旅行中、日本人の私たち、韓国人女の子、ミャンマー人の女の子がそれぞれ自国のカレーライスを作りましたが、やっぱり日本のカレーライスが1番口に合いました。

びっくりしたのが、韓国の友達もミャンマーの友達もお米をほとんど研がずに炊くのです!日本人なら研ぎ汁が透明になるまで洗いたいですよね。文化の違いを知ってとても面白かったです(^O^)

ロトルアのYHAにて
d0020358_19592543.jpg

お米はこちらに来てから、お鍋で炊いてました。水の分量も指で計ったり、現代機械に頼らずとも出来るように知識が増えていきました。これってとても楽しいこと。

無いから不自由なのではなく、無いからこそ自分で作り出す&考え出す楽しさを知りました。ワーホリに来てから、シンプルライフが身に付きました。
[PR]
by dance_littlerock | 2015-02-09 09:15 | ニュージーランド
私が住んでいるネルソンは、南島の最北端にある街です。小さい街ですが、気候は温暖で必要なものはすべてそろっていて、つまり、山、ビーチ、学校、買い物、夜遊び、アウトドア、何でもちょうど良くそろっている素晴らしい街でした。

ヘザーの家でのホームステイは、1ヶ月だけと決まっていたので、ホリデーの2週間の後は住む家が決まっていませんでした。

学校から紹介され、ホリデー前に新たなホームステイの見学に行きました。ヘザーの綺麗な家での心地よい二人暮らしとは対照的に見学先は、子だくさんで家も片付いていなくて、さらに家族みんなわざとらしくニコニコして私を見て、、、こんな所いやだー!

そんなこんなで旅行後の家もないまま、出発することに。

私は1人で格安飛行機に乗り、ノースアイランドの最南端にあるウエリントンへ行きました。
格安飛行機は、パイロットがキャビンアテンダントの代わりもしていて、まるでバスのような飛行機でした(^^;;

さすが首都、スーツを着ている人々がいます。観光地巡りをして写真を撮りまくりました。テパパ博物館ってところが超超面白かった!また行きたい!

ホテルで、チョコボー1本を夕食代わりに食べている時(私ってば節約しすぎ)、旅仲間がお迎えに来てくれました!
隣のクラスの九州男児2人とミャンマー人と韓国人の女の子。彼らは車でノースアイランドへやってきました。

後部座席の真ん中に座って、荷物もあるしギューギューだったけど、同年代の新しい友達と英語で話しながら、真夜中に車を走らせる。これって22才の私にとって本当に楽しかった!ワクワクが止まらないって感じ〜!!

ここはニュージーランド!
私は英語を喋ってる!
マフラーの音がうるさいポンコツ車で満天の星空の下を走ります!
私たちの旅の始まり〜始まり〜(^-^)
[PR]
by dance_littlerock | 2015-02-06 09:46 | ニュージーランド