旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

4年ぶりに当時の学校へ行き、お世話になった先生方も訪ねました。ちょうど同じ短大からの留学生がいたので、クラスに飛び入り参加して、先輩としてお話をさせられました!焦ったけど、とても良い体験をさせてもらいました。
d0020358_17524411.jpg

さてさて、マリーとジョンのその後ですが、
筆不精のマリーからは、手紙やメールがくることはなく、もう連絡が途絶えてしまいました。なぜならジョンが浮気をして、2001年頃に別れてしまったのです!ジョンの野郎o(`ω´ )o

ジョンはその後その女性と再婚して、子宝に恵まれ良きパパです。子供が生まれた時にアンパンマンのグッズを贈ったのですが、それに関して全く連絡がありません。届いてないんだろうか、気になるけどずっと聞けずにいます…
d0020358_17524587.jpg

ジョンはいつも「障害ある子が通う学校の校長先生をしてるんだ!」とメールに書いてきます。もう5回くらい聞いたわ!もうええっちゅうねん!と思いながら、メールを読んでいます。校長先生してるのがよっぽど嬉しいんだろうね(^_^;)

そんなメールの中にマリーも新しいパートナーとの間に女の子を産んだと書いてあった時は、それはそれは嬉しかったです。40代半ばだったはず。1995年当時は子供なんていらなさそうだったから。きっとあの時と違いまるくなって良いママしてそうです。いつの日か再会して、今度はママ友としてお話する機会が持てたら最高なのにな〜(^。^)

私の初めてのホームステイ先は、再会、再々会をへて、未だに大切な人たちとして、私の心に残っています。その後の海外でもまたホームステイを体験しました。シェアハウスもいくつも体験しています。外国人との生活に経験豊富な私は、いつかホストマザーになってみたいです!
[PR]
by dance_littlerock | 2013-02-25 00:28 | ニュージーランド
マリーから言われたことは、以前に書いたものもありますが、

①Not fix plan - 計画なんてたてない。先のことなんてわからないからその時その時に決める。外出時や週末の小旅行の時なんかによく言われた気がする。私としてはある程度決めといてもらわないと困った時もありました。でも私がその後バックパッカーになり、何十カ国と旅した時、このNot fix planで旅を続け、それはそれは有意義な時を過ごせました。マリーありがとう!

②Yes or No - マリーが私に何か質問した後にこの言葉をよく言われました。きっと私が返答に困り考えこんでいたか、もしくは返事が曖昧だったんでしょうね。ハッキリとYesなのかNoなのかを答えることが英語では必要なのです。日本の生活でもある程度は必要ですが、今だに私は、例えば義理の両親から何か言われた時、曖昧な返事しかできない時が多々あります、、、

③Sorryと言わなくて良い - 車に乗っている時、マリーが私に飴をくれました。私はいらなかったので、「I don't want. Sorry 」というと、「エミ、Sorryは言わなくて良い。」と言われました。好意でくれようとしたものを断ったことに対して申し訳なく思ったわけですが、この考えは間違いだったかな?確かに私は気を使いすぎなところがあるからね。
[PR]
by dance_littlerock | 2013-02-24 23:18 | ニュージーランド
2000年5月上旬

ニュージーランド滞在中に友人M子とサモアに旅行しました。このサモア旅行も最高に楽しかったので、いつかブログに載せたいと考えてます。そのサモアで最終日の夜たぶん食中毒にかかり、ふらふらでニュージーランドに帰国しました。

オークランドに少し滞在してから、またマリーとジョンの家でお世話になりにファンガレイへ行きました。サモアの食中毒は、一向に治まることなくフラフラのまま。結局治るまでに1ヶ月近くかかりました!なんだったんだろ一体!

マリーとジョンに言いました。ジョンは「ポイズンにやられたんだね」と言ってくれました。意外と優しいマリーは、「恵美は胃がやられてるから。」と言って、私のためにお料理を始めてくれました。その姿を見て、私は余計にふらふらになりました。なぜなら、、

大量のバターをフライパンにいれて、茄子やズッキーニに炒め始めたのです!『ぎゃー!胃がわるいのにそんな脂っっこいバターで炒めんといてくれー!そんなん食べたくなーい!!見てるだけで胸焼けするわー!』私は食中毒っぽくて胃がやられてる時は、例えば日本ならお粥とか、なんか胃に優しいものと期待していたけど、『胃に優しい食べ物』というものの概念そのもの自体がマリーと私では違ったのです。マリーが私をもっと痛めつけようとしてたら別やけど、そんなんちゃうし。

さらに翌日、マリーとジョンの友人たちと外食しようとなり、マリーが『今から行くとこの料理なら胃がやられてる恵美でもいけるわ』と言ってくれたので、私は今度こそと期待してついて行きました。すると、またー!!!

ポークステーキの専門店で、りんごジャムがポークにた〜っぷり掛けてあるのが売りのレストランでした。『どこが胃に優しいねん!こんな時にドロドロのりんごジャムと豚肉なんか食べたら吐きそうやわ!』と心で叫びながら少し食べました。

外国で食中毒になんかなったら大変やわ。ニュージーランドと日本、それはそれはたくさんの文化の違いがありますが、この時ほど身を持って文化の違いを感じたのは初めてでした!

その数日後、ニュージーランドのワーキングホリデーが終了し、マレーシア航空で14時間かけて、オークランドからクアラルンプールに着きました。マレーシア人の友人宅にお世話になり、そこでもまだ食中毒が治ってなかったので、お医者さんへ連れて行ってもらいました。中国系マレーシア人のお医者さんでしたが、漢方薬がたくさん置いてある院内で、症状を言うと私の手首の脈をじーっととって(脈診というらしい)、それだけで漢方薬をきめてもらいました。この診察、診断も文化の違いを感じました。そしてようやく私の食中毒症状は改善したのでした!
めでたし、めでたし*\(^o^)/*
[PR]
by dance_littlerock | 2013-02-18 16:27 | ニュージーランド
2000年2月

ニュージーランドにワーキングホリデー中、再びWhangareiを訪れ、マリーとジョン宅でホームステイさせてもらいました!

と、その前に

マリーとジョンは、1995年に私をホームステイさせた後、結婚して、ロンドンに数年出稼ぎに行きました。そして私は短大の卒業旅行でロンドンに行きマリーとジョンと再会したのです。

その時の写真です。
1997年2月ロンドンにて。
d0020358_17392265.jpg


したがって今回は再々会となります!

4年ぶりにニュージーランドの彼らの家に行って、私はびっくりしました!食器などが豪華になってるし、ジョンのおんぼろの車がめっちゃ高級そうな車に変わっていたのです!イギリスでだいぶ儲けてきたなー!!実際、イギリスポンドはニュージーランドドルより強い通貨なので、頑張って稼いで換金すると、結構お得なので、イギリスに行くニュージーランド人やオーストラリア人は多いみたいです。

4年前と違って、私の英語は格段に上達していたので、マリーとジョンとたくさん話せてとても気分良かったです。関係性も以前は大人と子供だったけど、今回は何となく対等というか大人同士であったような気がしました。一度社会人を経験すると、人間って成長するんかな〜??

家が豪華になっただけではなく、海辺に別荘を買っていたので、これまたビックリしました!そこにマリーとジョンの友達をたくさん呼んでパーティーしたりしました。お金がすべてではないけど、お金持ちになると、楽しいことの幅が広がる感じがしました。

ウオータースキーにも連れて行ってくれました。私は筋肉がなさすぎて、ボードに一度も立てず、ぶざまに海にのまれましたが、なんともいい経験をさせてもらいました。


マリーとジョンには、4年前、いっぱい色んな所へ連れて行ってもらい、いろんな人にあわせてもらっていました。当時彼らが婚約中でまだ身軽で遊ぶの大好きというのもあったんだと思います。しんどくても連れていかれたし、毎回「4分後に出発よ!」と焦らされました。
だから落ち着いてた他のホストファミリーを羨ましく思うこともあったけど、今思えば、本当にマリーとジョンで私は良かったなー!と思います!

いろいろ行動してる方が楽しいんです!私がその後アクティブな性格になれたのは、マリーとジョンのおかげだと思います!ありがとう!\(^o^)/
d0020358_17392220.jpg

[PR]
by dance_littlerock | 2013-02-06 00:52 | ニュージーランド
Craig:
マリーとジョンが参加していたワインクラブで出会う。若いと思っていたら18才も年上だった!ジョンと同い年!「日本語を少し知ってるよ!」と彼は、「I understand は、あっそうか、て言うんでしょ?」と言って来た。う〜ん(汗)でもでも、超カッコ良かったー!!

Greg:
彼は年下。マリーの友達ベイブの息子さんで、一度その家に夕食を呼ばれに行った時に出会う。夕食中、目が合ったらドキドキした!きゃ〜!!カッコいいー!!!ニュージーランド人なのにキウイフルーツが嫌い。スーパーマーケットのレジでバイトしてるお姉さんがいた。

この2人の写真がないのが残念。
[PR]
by dance_littlerock | 2013-02-04 16:43 | ニュージーランド
ニュージーランドの人のことを親しみを込めて、キウイと呼びます。

キウイは、裸足でよく出掛けます。毎回じゃないけど、スーパーマーケットにいくと、普通に裸足で買い物している大人や子供がいます。マリーも裸足でスーパーマーケットに行ったのをみました。私も憧れましたが、足が冷えそうだし、何か踏んでもいやだからできませんでした。18才なんだからすれば良かった!保守的な私でした。いや日本人だからか。

キウイはお皿を洗う時、汚れたお皿やコップやお鍋の入ったシンクに熱〜いお湯を入れます。そして、そこに洗剤をタラ〜と入れ、泡泡にします。そして、棒のついたスポンジで洗います。最後は洗い流さず、泡のついたまま水切れにいれて終了です!この斬新さにホームステイして一番ビックリしました!ニュージーランドやオーストラリアに行った子は、みなこれで、まず最初に驚くんじゃないでしょうか!
[PR]
by dance_littlerock | 2013-02-02 16:31 | ニュージーランド
1995年10月14日 Whangrei, New Zealand

誕生日の前日、私は街のPharmacy(ドラッグストア)でピアスを開けました!ふっふっふ!18才最後の記念です!お姉さんが「ガシャーン!」と開けてくれた瞬間、耳たぶが熱〜くなりました!服を脱ぎ着する時やお風呂上りにバスタオルで頭や顔を拭く時、ついピアスを開けたことを忘れてて、痛くて「ギャー!」てなりました。それも日に日にマシになりました!ピアスをつけるとワクワクしました☆

マリーとジョンが誕生日会を企画してくれました。マリーは忙しいのに毎晩私のクラスメートのホームステイ先に電話してくれて、友達を誕生日会に呼ぶ手配をしてくれました!マリーありがとう*\(^o^)/*


1995年10月15日
私はニュージーランドで19才になりました!「海外で誕生日を迎えるなんて格好うい〜!!」
d0020358_17294626.jpg

リバーサイドの洒落たレストランでした。マリーの両親も駆けつけてくれました。友達からプレゼントいっぱ〜いもらいました!美味しそうなお菓子もいっぱ〜いもらいました!

家に帰ってから、もらったプレゼント全部をベッドに置いて、それに埋れて寝てみました。とっても幸せな気分になりました!最高に幸せな19才の始まりでした(≧∇≦)
d0020358_17294594.jpg

ちょうど留学して1ヶ月が経ちましたが、すっかり私は太りはじめました。帰国時には7kg太ったのですが、これは人生の最高記録だと思います。
[PR]
by dance_littlerock | 2013-02-01 23:27 | ニュージーランド