旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日光東照宮

長年行きたかった東照宮!
念願かなって、ようやく行ってきました。

東日本大震災からもうすぐ三か月。
原発で問題の福島県が隣ということで、わざわざこの時期に行かなくても…という指摘も少しいただきましたが、震災で活気がなくなった方面に旅行に行くことは復興へ向けての第一歩で、また、行ける時に行きたい所へ行く!っていうのは、海外・国内を問わず、旅人の基本なんです!
というわけで行ってきました(^0^)v

東照宮のまわりには、他にも神社などがあって、すべて入れる券もあったけど、私たちは東照宮一筋の券を購入して中に入りました。

早速あの有名な“見ざる、聞かざる、言わざる”がありました。
d0020358_1157854.jpg

「これはどういう意味なんだろう?」

この時はわからなかったけど、これは、
「子供には悪いことは、見させない方が良い、聞かせない方が良い、言わない方が良い。」
って事が、この後行った資料館で知りました。

なるほど~。
私も赤ちゃんが生まれたら、その通りに育てようと思いました。

続いて歩いていくと、
「陽明門」というそれはそれは立派な門がありました。門の彫刻だけでもすごいのに、そこらじゅうに仙人みたいなおじいさんやら動物の彫刻があります。結構長い間見ても飽きないくらいの門でした。
d0020358_12215.jpg


次は、家康の御霊が祀られているところなんだけど、これがまためっちゃ長い階段を上らないといけない。みんな上ってはるけど、「ぜーぜー」言ってる。子供から妊婦から老人まで、みんな頑張ってひたすら歩く。
d0020358_1245366.jpg

あ~、しんどいよ~。
でもやっぱりここまで来たら、引き返すのも惜しいので頑張るっ!

ちょっと休憩しようと思って立ち止まったところには、こんな看板がありました。
d0020358_1263594.jpg

人の人生は重荷を背負うて
遠き道を行くが如し
急ぐべからず


この言葉の出所は、家康や家光が残した言葉なのか、はたまたこの階段が長すぎてしんどい人用に贈るために最近考え出された言葉なのかわからないけど、なんとなく「ふ~ん」と思って、再度奮起して、なんとか頂上まで行けました。

東照宮の本宮の外装は工事中で平成25年に完成予定らしいです。中でお祈りをしてもらって、夫とおそろいのお守りを買いました。

あと龍の声が聞こえるところなど行って、東照宮を満喫して観光は終了しました。

日光は本当に緑の木々が綺麗でした。日光へ来る途中の車内から見た緑も東照宮内の緑も本当に綺麗だった。なのに、ふと「この葉っぱにもセシウムがついてるんかな?」といまニュースで持ちきりの言葉が浮かんだりして、かなしくなりました。

過去の偉大な日本人たちが残してくれた日本で、現代の私たちがしている事・子孫たちのためにしていくべき事を考えないといけなせん。お金儲けだけに突っ走っている世の中ですが、上記の看板にあった言葉のように、重荷を背負いながらも少しづつでも変えていかないと、この綺麗な自然を含む日本の環境を守ることは厳しいようです。
[PR]
by dance_littlerock | 2011-06-23 12:06 | 東日本旅行

シシ神様

2011年6月5日(日)

昨夜の夕食時と同じように、言われた通りピッタリ8時に電話が鳴りました。

8時からの朝食へ行くと、昨夜出会わなかった人たちが何人かいました。1泊朝食のみのゲストもたくさんいたみたいだね。

朝食も美味しかったです。
d0020358_2240877.jpg

チェックアウトの10時まで少し時間があるので、ペンションのまわりを散歩してみることにしました。豪華そうな別荘が何軒かありました。おじさんが庭先でなにか作業していたり、おじいさんが孫を遊ばしていたり、さすが別荘を持ってる人は、お金も時間も雰囲気にも余裕がある感じに見えました。

とある人気のない別荘と別荘の間を歩いている時、
「あっ!」
「なになに♪」

「おぉぉ~!!!」

なんとそこに大きなシカが二匹こちらをじっと見ていました!二匹とも立派な角が生えていたから、おそらく牡鹿!

その凛とした容姿は、私の大好きな映画「もののけ姫」に出てくるシシ神を連想させました。すっごい格好いいし、神秘的な鹿でした。奈良の鹿とは、全然ちがう…。

近寄って「あの角で突かれたらどうしよ~(汗)」という不安があったので、ちょっと後戻りして、興奮しながらあたふたしてしまいました。そして、また覗くともうそこに鹿の姿はありませんでした。

ペンションに戻って、車に乗り込んで(身の安全を確保してから(笑))、再び鹿探しへ。でももう同じ場所にはいませんでした。「もののけ姫」と同じく、シシ神はなかなかそう簡単には姿を現してくれなんだね。

ペンションでチェックアウトの時、受付の人に聞いてみると、鹿に出会えることはあんまりなくて、サルはよく見かけるらしいです。でも、サルはちょっと怖いみたい(悪さをされるのかな?)。とすると、私たちはラッキーだね!

帰り道、しつこく鹿を探しながらいると、なんと森へ帰る途中の鹿(たぶん同じ子)に出会えました。めっちゃラッキー☆感動でした。

そして、いよいよ旅の目的である「日光東照宮」へ向かいました。

【日光東照宮】
徳川家康を神として祀る社殿。家康の遺言により造営された際は簡素だったが、三代将軍家光により絢爛豪華な建物に改修された。国宝8棟と重要文化財34棟が世界遺産に登録。以上、“るるぶ日光那須塩原”より引用。
d0020358_2331831.jpg

[PR]
by dance_littlerock | 2011-06-11 22:54 | 東日本旅行

日光ペンションの夕食

時間通りピッタリ18:30に部屋の電話がなりました。
「夕食の準備が出来ました!」

ご飯を頂く部屋は、受付隣にあって、西洋の装飾品がたくさん飾られていました。ペンションの人がヨーロッパなどに行って、集めてこられたのかな?

今夜のメニューは以下の通り☆

生ハムサラダ
本日の自家製スープ(コーンスープ)
サーモンのムニエル グリーンソース
日光名物 生ゆばのお刺身
牛ヒレ肉のステーキ&ライス
手造りデザート
コーヒーor紅茶


わーい \(^0^)/

二人ともグレープフルーツジュースを注文。
(夫は前夜、会社の人とワインを飲みすぎたため)

サラダ美味しい。
コーンスープはちょっと味が濃い目。
そしてサーモンは美味でございました。
d0020358_109312.jpg

ゆばのお刺身は、本当だったら大好物なのに今日のランチが湯波づくしだったので、ちょっと胃が受け付けず、夫に少々おすそ分け。でも、さすが冷凍じゃなく生は旨いっ!

続いてのステーキも美味!
たまに「30歳過ぎたら肉より魚が良くなった。」て人がいるけど、うちらはまだまだ肉だ~い好き!だけど、この頃からお腹いっぱいになってきた!(>_<)
d0020358_10105465.jpg

さて、最後のデザートのケーキ&アイス
これがさぁ~!!
チョー旨かった!最近、いや思いつく過去に食べたケーキの中でダントツNO.1!!
d0020358_10145953.jpg

このペンションで手造りされているらしいけど、素晴らしく美味しい!甘すぎず、口当たりも最高によく、ただただ本当に美味しい!

紅茶を頂きながら、ケーキの味に感心してしまいました。
ごちそうさまでした!

受付横に本や玩具があったので、私は「ジェンガ」、夫は「知恵の輪」を選んで、お部屋に持って帰りました。夫は、ジェンガをあんまり知らないので、やり方を教えてあげました。なんでジェンガ知らんねん?でもよくよく考えたら私も、日本じゃなく外国に住んでいた時にしてたかも。

オーストラリアのブドウ畑で住み込みで働いていた夜、みんなでよくやったな~と少し思いにふけっていると、夫が「バーン!!あ~っ!」…というわけで、私の勝ち☆

また露天風呂に入りました。お風呂と部屋を仕切るドアがガラスなので、露天風呂につかりながらTVを見ることができました。ちょうど今夜は私の大好きな映画『ターミネーター2』を放送していました。露天風呂から好きな映画を観賞するなんて、なかなか乙ですな~!夫は、知恵の輪に夢中←結局、できなかった(笑)

そんな感じの日光Day1でした。美味しいもんたらふく食べて、昔ながらの御用邸を見学できて、綺麗な緑をいっぱいみて、楽しい一日でした~♪
[PR]
by dance_littlerock | 2011-06-10 10:03 | 東日本旅行
レストランのおばちゃんに教えてもらった通り車を走らせると、「田母沢御用邸記念公園」の看板が見えてきました。車を泊めて、入館料500円を払って中へ。
d0020358_1326259.jpg

親切そうな受付の方が、「ちょうど2時半から無料で係員が説明しながら周りますので、よかったらどうぞ。」と言ってくれました。いつでもどこでも「無料」という言葉に弱い私は、ラッキー☆と思って参加しました。

“さすが御用邸の関係者”と思わせるような穏やかな口調の品あるおじさんが、観光客20人くらい(全員おじさんおばさん)を率いて、説明しながらお部屋を周ってくれました。

木造建築の建物は、だいたいが2階建てで、古いけれども装飾等は、シンプルな豪華さで、とても品がありました。どの部屋からも緑いっぱいのお庭が見れて、とても綺麗でした。天皇の部屋や天皇がお通りになる廊下には、金の釘隠しが施されてあり、下の者が通る廊下等には、黒っぽい釘隠しなど、係員のおじさんが丁寧に説明してくれました。

途中、飽きてきて、別の部屋を見に行ったりしたけど…
d0020358_13264786.jpg

“るるぶ日光那須塩原”号によると、この田母沢御用邸とは、明治32年に大正天皇(当時は皇太子)のご静養のために造営された御用邸らしい。昭和22年まで三代にわたる天皇・皇太子が利用された天皇家の生活様式が垣間見れる貴重な建造物らしい。部屋数は、なんと106もあるんだって!どおりで「広い!迷子になりそう!」と思ったはずだー。建物は、平成15年に国の重要文化財に指定されたんだって。ホントこんな貴重な建物を見せていただけるなんて、ありがたいと思いました。

この写真は、ビリヤードルーム。「御玉突所」と書いてある。うちのおばあちゃんが“ビリヤード”のことを“玉突き”と言っていたことを思い出した。
d0020358_1329471.jpg

今までもお城や神社などの中を見学したことは多々あるけど、ここはまた少し、というかだいぶ違っていて、つい100年もたたない前まで、天皇家が過ごされていたんだなと思いがあって、観光者として有意義にかつ神聖な気持ちで見学することができました。

レストランのおばちゃん、良いとこ教えてくれてありがとう!


本日のお宿にむかう。
ペンション“ONE MORE TIME"日光中心からは車で7~8分の山奥にありました。
http://www.one-nikko.com/index.shtml
じゃらんで予約して、朝夕食事付き13,440円/1人

パーキングには、ベンツとBMWが停まっていたから、ちょっとびっくり。うちらは、「わ」ナンバーでなぜか札幌のレンタカーです。北海道からはるばる来たと思われてそう。

外国風のコテージで、受付したいただいた方はいい感じの女性。安心する。お部屋には、専用露天風呂があるメゾネットタイプ。夕食の6時半までに、さっそく露天風呂に入ってお部屋を満喫しました。夕食が楽しみだ~☆!!
[PR]
by dance_littlerock | 2011-06-08 13:25 | 東日本旅行

初めての栃木県

2011年6月4日

生まれて初めて栃木県に上陸!

栃木と言えば、思いつくのは~、えーっと(汗)
「宇都宮餃子」
「U字工事」←栃木弁訛りの漫才師。でも最近ちょっと見ないな。
「那須の御用邸」←皇室の人たちの避暑地だよね。

実際にはこれくらいであんまり知らない北関東の一部。
昔、マレーシアひとり旅で出会った友達が栃木県の塩原ってところに住んでいて、彼から当時少し栃木について教えてもらったくらいで、関西人の私にとっては無知に等しい県でした。

今回、どうしても前から行きたかった「日光東照宮」を旅しようと思いつき、日光の場所を調べると、予想していた群馬県内ではなく、栃木県ということが判明!地理好きの私も東日本は苦手だ~(恥)

そんなわけで、初めての栃木県を旅してきました♪♪
d0020358_15412593.jpg


日光に到着したのは、お昼過ぎ。
さっそくランチ探しに取り掛かりました。
日光は湯葉が名物らしい。(やった!湯葉大好き!)

でもなにかおかしい。「湯波?」アレッ?

日光駅前にたくさんある湯葉料理専門店だけど、
なぜだか「湯葉」ではなく「湯波」と書いてある。見慣れない(><)

どうして?

“るるぶ那須塩原”号によると、
『日光では「湯波」、京都では「湯葉」と書きます。違いは引き上げ方にあります。湯葉は端から引き上げるのに対し、湯波は真ん中から引き上げて折り曲げます。やや厚みがあり、しわが多いことから「波」の字を使うのです。』

ほほ~。なるほど。

そもそも湯波って何?
どうやって作るの?


大豆100%で作る湯波は、栄養価に優れ、消化吸収率も高く、イソフラボン豊富な健康食。

まずは、水に浸した大豆を石臼ですりつぶし、窯で煮揚げて豆乳にする。湯煎にかけて熱すると表面にタンパク質の膜が張ります。その薄い膜を引き上げたものが湯波。

というわけらしいです♪♪

日光にはたくさん湯波料理屋さんがあったけど、値段を見るとだいたい3000~4000円。ランチにしては高すぎる…。無理じゃあ~。

駅前にファミリーレストラン風のお店があって、そこの湯波定食は2000円だったので、そこに入ることにしました。だいたいこれくらいの値段のお店は、冷凍の湯波を使っているとのこと。新鮮さは劣ろうとも、ランチに4000円は払えん!

d0020358_15415142.jpg

まさに湯波づくし!
これでもか!っていうくらい湯波を満喫しました。
(当分、湯波も湯葉も食べたくない…と思ったくらい。)
美味しゅうございました。

レジでお店の人に「この時間から東照宮に行ったら楽しめますか?」と聞くと、「この時間からじゃもったいないので、明日朝一に行った方が満喫できると思います。今からなら、田母沢御用邸に行かれたらどうですか?」と言われたので、何度も「えっ?たもざわ?たぼざわ?ぼ?」と聞き慣れない名前を聞き返し、田母沢御用邸に向かうことにしました。
[PR]
by dance_littlerock | 2011-06-06 15:31 | 東日本旅行