旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

全社会議・豪華宿泊

2010年1月24日(日)

大阪市内の某ホテルで、全社会議と表彰会が開かれました。アメリカ本社からも社長を筆頭にお偉いさんが来日されていたので、会議は同時通訳で行われました。同時通訳のお姉さん二人は、ホントすごい!英語が達者なだけでなく、日本語や咄嗟のアドリブにも動じることなく、スピーカーフォンからは常に心地よい言語を耳にすることができました。

パーティーではお食事をいただきながら、本場のアカデミー賞のような表彰式と受賞者のスピーチを聞き、その後、各自お部屋へ。昨年と同じく(ホテルは違う)、60~70名もいるのにみんな1人部屋!私は19階のダブルベッドのお部屋でした。バスルームも素敵!アメニティーグッズは最高の品揃え!だ~い好き外資系企業の社内旅行!だ~い好き豪華ホテル!

でも、寝るときはダブルベッドの端で縮こまって寝てました。朝なぜか早く目が覚め、カーテンを開けると、ちょうど生駒山から日の出が上がってくるのが見えました。「今日もいい一日になりますように!」
d0020358_12123257.jpg

綺麗にベッドメイキングされていたお部屋も一晩過ごせば、こ~んな感じ。フカフカの枕が6つくらいあったのですが、1つの枕以外は、すべて窓際のソファーによけてから寝てました。お姫様やお嬢様なら、全部の枕にうもれて寝るんだろうな。邪魔やし全部使うのもったいないとか思ってしまう庶民的な私です…。
d0020358_121215100.jpg

朝のバイキング。素敵なレストランで、やわらかな木漏れ日を浴びながらの朝食タイム。あ~素敵。この後、ご飯と納豆などの和食ももちろん取りに行きました。あ~美味しかった。
d0020358_12124478.jpg

でも、今日は月曜日。これから各自チェックアウトして、会社なのです…。10時ぎりぎりまでいたかった…。でも、豪華ホテルに泊まれて、少しでも優雅な気分に浸れたので、会社に感謝です。ありがとうございました♪
[PR]
by dance_littlerock | 2010-01-29 12:13 | 西日本旅行

上海その4

上海二日目の2010年1月10日
朝のバイキングはまあまあだったけど、何せホテルマンの態度が悪い。無言で朝食クーポンを取り上げ、テーブルに適当に案内。あとは、従業員同士で喋ったり、入口にいる子はずっと腕を組んでいる。別に悪気はないみたい。これが普通なんだね。文化の違いって面白いなあって思った。

今日は朝から夕方まで、現地HISの担当者が上海と近郊の観光に連れて行ってくれた。シルクのお店では、蚕からシルクを巻き取って、伸ばして、布団や服になる工程を見せてくれ、最後には、そのシルクの衣装をまとったモデルたちが舞台で、ファッションショーをしてくれた。私たち観光客12人のためだけに。これには笑けた。うちらは、口車に乗せられることなく何も買わなかった。

次は、「豫園」というところにいった。周りはお土産物屋さんだらけで、旧正月1カ月前だったので、その賑やかな真っ赤な飾り物がた~くさん売られていた。そこは素通りして(ちょっと見たかった)、「豫園」という歴史ある庭園みたいなところへ連れて行ってもらった。日本の神社とは全然違う感じで、派手目の色使いや、先の尖り上がった屋根の端やら、新鮮だった。そこの塀の上は、こんな感じで龍がいた。龍ってやっぱり十二支の中でも重宝されてる感がして、辰年生まれ私(たち)は嬉しかった♪
d0020358_12121791.jpg

他何件ものお土産物屋に連れて行かれた。どこの店員も日本語が達者で、うまいこと言って買わせようと持ちかけてくる。絶対ここで買ったら高いはずなので、私たちは、口車に乗せられることなく、そんな状況を楽しんでいた。お土産物屋は大好きだけど、何軒も連続で見て回ると疲れ果てるものよね~。そんな中で、唯一、ツアー客(私たち含め12人が)口車に乗せられて、まんまと買ってしまった場所があった。

Kちゃん曰く「立て板に水」と言わんばかりの早口の流暢な日本語で的確にお茶の説明をしてくれた。口だけでなく、手も巧みに動かして、次々と何種類かの中国茶を注いで、少量づつみんなに味見させてくれた。その間、0.1秒たりとも口は休まず、あれこれあれこれ説明してくれた。「上海にはたくさん中国茶屋さんがあるけど、農薬が残った葉を売っているところが多いので、絶対によそでは買わない方がいい!ここは絶対大丈夫で安心なお店なんです」と熱く語っていた。HIS現地担当者もここに着く前にバスの中で、同じ話をしていた。
d0020358_12123537.jpg

催眠術にかかったように、みんな「私これがいいかも。」とか「私はあれとこれも欲しいわぁ。」と声が聞こえてきた。隣のKちゃんも「せっかくやし、こんだけ説明してくれたし。これコレステロール低下に良いし。」と言って、ひとつ中国茶をお買い上げすることになった。私はKちゃんが買ったということもあったが、何一つ買わなかった。ふっふっふ、さすが私♪。女の子4人グループは、結構ここでお買い上げしていた。

下の階に下りると、中国茶用の湯飲み(マグカップ)などが売られていた。Kちゃんは、自分用に中国らしい派手な龍の模様の湯飲み、私にはコウモリの模様の入った洒落た湯飲みを買ってくれた。コウモリは金運を運んでくるらしい。コウモリ=子守りって響きやし、子宝も運んでくれないかなぁと密かに思った♪

みんなご機嫌でこの中国茶屋さんを後にしたのだけど、この話にはオチがあって、なんと帰りの上海の空港で、このメーカーのお茶と湯飲みが、すべて20~30元(もっとかも?)安い価格で売られていたのだ!!「やられたーっ!」と思った。あの4人組のグループの子は、だんぶん損していると思う。うちらはまだましやったけど。というか私は一切買わなかったので無害やったけど、Kちゃんありがとうね。コウモリの湯飲み大切にします。

以来、立て板に水のように喋る人間には気をつけようと思った。
「立て板に水」…四字熟語やことわざに弱い私が、リアルに体験してしっかり覚えた言葉となりました(笑)。あ~、楽しかった、上海(^0^)
[PR]
by dance_littlerock | 2010-01-28 12:12 | 台湾・中国

上海その3

「2010.1.9~11 in Shanghai, CHINA 食べ物編」
上海といえば、上海ガニが有名だけど、今回は残念ながら食べる機会はありませんでした。私は特にカニ好きじゃないしそれは良かったけど、Kちゃんは食べたがっていた。上海ガニと上海雑技団は、次回にとっておこう!

2日目の上海満喫ツアーでは、昼食と夜ご飯が付いていた。私たち2人に加え、あと10人と一緒に行動しました。そのツアー中のお食事は、こんな感じ。12人が円形テーブルに座って、ちょっと気を使いあいながら、いただきました(^0^)
d0020358_12352413.jpg

私はまあまあだなと思ったけど、Kちゃんは「塩味がたりない。」と何度も言っていて、隣の母娘のお母さんが「これ塩味ちょっと薄いね~。」と娘に喋りかけてたら、すかさず「そうですよね!塩味足りないですよね!」と話に加わって同意を求めていた。塩と同じく、私のリアクションも薄かったからか。だって、私は普通に美味しいと思ったんだもん。でも確かにツアーの食事は美味しくないと、HIS現地担当者さん(名前は上海その1参照)も言っていた。

しかし、ラッキーなことに私たちは、ホテルのそばに超美味しいローカルなレストランを初日見つけて、はまった所がありました!何を注文しても、美味しくって、あほほど食べてしまった!本当に幸せな瞬間でした♪

私たちが座ったのは、通りに面した窓側だったんだけど、その窓に大きな壺があって、時々店員さんが外に出て、その壺の中から、小さい壺を取り出して、お客さんの席へもっていく姿を目撃しました。「???何なんだ、アレは?!」Kちゃんは食べたくてしょうがなそうで、必死にメニューを見ていると、それらしきものを発見。「野山菌%*#・・・」とか書いてある。野山菌しか読めない漢字だったけど、とりあえず、愛想の悪い店員さんに、「これ」「あの壺」と指差して注文しました。
出てきたのが、これ。中に具のいっぱい入った温かいスープでした。
d0020358_12432421.jpg

野山菌ってのは、どうやらキノコのことで、キノコ系がたくさん入っていました。スープは大量で、他には朝鮮人参のようなものや生姜みたいなものが入っていて、一瞬薬膳のような味がするんだけど、このスープがまた最高に美味しかったんです!!!何杯飲んでも、なくならない!2人で注文するのは間違っていたのか?!でもめっちゃ美味しい!

上記は初日の話でしたが、3日目(最終日)もあのレストランが忘れられず、また来てしまいました(^0^)また違うやつをいっぱい注文したけど、どれも当たりで美味しい!さらにあの壺にはもう一種類の種類があり、「豆#%&$”」ってやつを今度は注文しました(豆しか読める漢字がなかった・・・)。そしたら今度は、豆が入っていたけど、キノコ(野山菌)も入っていた。どっちも具は大差なかったけど、味はやっぱり美味しいし、明らかに健康にいいってわかる味!下手にサプリメントとか(飲んでないけど)飲むより、これ飲んだほうが全身に効きそうな気がする!この店の大阪支店を誰か作ってくれ~!
d0020358_1243444.jpg

これは鶏さん料理。目の前に鶏さんのお顔がございます。グロいの苦手な方すみません。私は、これくらいは平気でお顔以外はたくさんいただきました。鶏さん、ありがとうね。

上海、ツアー食はたいしたことなかったけど、ローカルなお店はまだまだ美味しいものがた~くさんありそうです。いつかまた行く機会があれば、探索してみたいです♪
[PR]
by dance_littlerock | 2010-01-21 12:35 | 台湾・中国

上海その2

上海は、2010年5月~10月くらいまで、万博が開催されるらしい!発展している街、かつ、その万博のためにまたさらなる工事(発展)がされていて、街中がすごい埃っぽく初日は、な~んとなく肺が痛いような気がしました。それはされおき、その万博のキャラクターがあちこちにいました。世界の「世」をイメージして創られた?とか。
d0020358_12462272.jpg

名前は、海宝ちゃんとか言うらしいです。
見慣れるととっても可愛く見えてきて、至る所でツーショットで写真を撮りました(^0^)v
上記は、上海の国際空港(浦東空港)にいた海宝ちゃん。

上海は、確かに都会で、人々の容姿(服装、オシャレ度)も日本人と変わりありませんでした。だから、うちらが日本人と気付かれず、毎回中国語で話しかけられました。心配していた中国のお手洗いは、確かにウッと思う事はあったけど、私が入ったところは全部隣と仕切りがあったので、安心してできました。

ただ一度だけ、大都会の真ん中のビルの地下のお土産物屋さんに迷い込んだ時のことです!そこのトイレで、ついに見てしまいました!!汚物が流れるところが一直線の溝で、そこのまたがって、みんなが用をたすトイレを!!!仕切りはあったけど、中に入ると横方面につながる溝がありました。ラッキーなことに私は水が流れる先頭に入れました!言うなれば、流しそうめんの竹筒のそうめんを入れる場所ってことです。私の尿は、後方へと流れて行き、隣、またその隣にいる人の股の間を流れて行ったことでしょう!貴重な体験ができました!

そんなトイレがあったとある地下のお土産物屋さんで買った海宝ちゃんです。
d0020358_12543221.jpg

後ろには、私たちの名前と日付と「中国、上海」と彫ってもらいました。その彫った文字が達筆で驚き!そこの店員は、この2泊3日の旅で、唯一愛想のいい子で感激しました。謝謝!
[PR]
by dance_littlerock | 2010-01-20 12:54 | 台湾・中国

上海その1

2010年1月9日

年末にふと思い立ち、戸籍抄本を取って、パスポートを申請して、受領したのが出発の4日前!!!
そんなわけで、新年早々、中国は上海へと行ってきました!台湾には行ったけど、中国は初めて!というより、海外旅行が久しぶりで、パッキング(荷造り)にかなり手間取っちゃいました。
(思い出せ~!バックパッカーだったあの頃を~♪♪)

関空から大興奮。大好きなNZ航空がうちらのJALの後ろで、離陸の順番待ちをしていたので、首をひねりながら、NZ航空の雄姿を眺めていました(窓側の席で良かった♪)

マイケルジャクソンの「This is it」を観て、機内食をいただいたら、もう到着!飛行機から見えた初中国の景色は、田舎で畑?田んぼ?みたいな景色が一面に広がっていました。入国審査では、インド人の団体たちが審査に手間取っていて、結構待たされた。うちらは、あっさりと入国できました。外に出ると、HISの現地担当者の男性が待ってくれていました。いきなり流暢な日本語で、「ようこそ、みなさん。私が今回案内係のチンポウと申します。どうぞよろしく!」と挨拶してくれた。チンポウさんって・・・そう簡単に呼ばれへんやん。Kちゃんと顔を見合わせて笑いをこらえた(3日目には、簡単にチンポウさんと呼べるようになっていた。なんでも慣れですね)。

バスに乗ると、急に睡魔に襲われたが、上海のすご~い夜景が見れた。22世紀みたいなド派手な超高層ビルたち!すごいな~☆☆チンポウさんから、その夜景を見るクルーズツアー(有料)に誘われたが断って、私たちは、ホテルまで送っていただいた。12人くらいのツアー客がいたが、断ったのはうちらだけだった。うちらのホテルは、レベルアップコースの”インターコンチネンタルホテル”とは雲泥の差の見かけだったが、思ったほど悪くなかった。フロントの人たちは、めちゃくちゃ愛想が悪かったが、ロシアでの生活経験があるKちゃんが言うには、これが共産圏では普通らしい。「お客様は神様です」の発想は、全くもってないみたい。
[PR]
by dance_littlerock | 2010-01-14 12:49 | 台湾・中国