旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

FARM生活 追記2


忘れもしない初日のブドウの葉っぱもぎりで私が思った事。

「これ、なにわ突撃隊の仕事やんっ!!!」

炎天下の元、8時間もぶどうの葉っぱに寄りかかり、余分な葉っぱをただひたすら続けるだけの作業。(これが1ヶ月続いた)

MP3もI-PODも持っていない私には、無音の世界。灼熱の太陽と、ブドウの葉が延々と続くビンヤード(ブドウ畑)

肉体的にキツイキツイ!

なにわ突撃隊とは、関西ローカル番組で、月曜11時からの「クイズ紳助くん」に出てくる毎回すごい所に行かされ、すごい過酷なことを強いられる隊のこと。

まるで、それでした。

それでも、この仕事が3ヶ月も続いた理由は、

たぶん、

肉体的にはキツイが、精神的にキツくなかった。
初めて、やりがいのある仕事と思えた。
仲間がいた。
私が育てたブドウが食べたかった。
ド田舎のため、外部からの余計な情報が入らなかった。

などと思われる。


今でも、ぶどうジュースを見るだけで、つい買ってしまいます。
ぶどうのピアスにも反応してしまいます。
紫色が私のラッキーカラーなのでは、と思います。
いや、葉っぱのミドリ色なのかも^^

なにわともあれ、なにわ突撃隊 エミ部員 がんばりました。
[PR]
by dance_littlerock | 2006-11-23 16:45 | ファーム生活日記

farm生活 追記1

3ヶ月もの間、頑張った葡萄ファームでのお仕事を、自分が一生忘れないように綴りたいと思います。

2006年9月中旬…JOBセンターで知り合った子と3人でパース北部を目指した。夜、ウーラメールと呼ばれるオージーでも知らない田舎町に到着。私たちを待ち構えていたのは、ボスであるJOE(シンプソンズのホーマーのパジャマズボンをはいていた)と呼ばれるおじさん、そして、見たことがないくらいの満天の星空だった。

部屋は、狭い(4畳半くらい)ところに小さなBEDが二つあった。その他、小さなロッカー風なものが一つと、机(台みたいなもの)が一つ。そして、窓が着いていて、なぜか天井からキラキラ光る紙でできたクリスマスツリーがぶら下げてあった。この部屋で、韓国人のポーラと一緒に暮らすことになった。

翌日の朝、目覚めるとそこは・・・まるで砂漠。赤土の砂漠がどこまでもどこまでも広がっていた。私たちの部屋がある平屋の持ち運べるタイプの住居と、似たようなベニヤ板で作られたキッチン&TVルーム、そして、もうひとつ離れたところに、同じような建物でこれがバスルーム&トイレだった。それ以外、何も見当たらない。本当に360℃大平原が広がっていた。

「こんなところで、契約期間の1ヶ月も住めるかなー。」3人に不安がよぎった。「助け合おうね、なんでもSHAREして生きていこね。」と励ましあった。

朝の仕事が終わったか、正午ごろ、すでに働いているメンバーが黄色のトラックに乗って帰ってきた。運転手助手席以外に、後ろの荷台に7人くらいがいて、そのうち3人が立っていた。私はこの時の風景が忘れられない。なんだかすごいインパクトがあった。みんなボロボロの服(暑いけど長袖)を着ていて、女子は帽子とマスクをつけていた。これから私がすること(仕事)が、怖いようで、めちゃくちゃ楽しみなようでもあった。

彼らは、もくもくと要領よく昼ごはんの準備に取り掛かった。私たちは早めのランチを済ませ、1時pmから始まる午後からの仕事に向けて、身と心の準備をし始めた。

つづく
[PR]
by dance_littlerock | 2006-11-21 15:23 | ファーム生活日記