旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Sudoku & Risk

2006.4.28 & 29

”最近、日本生まれのゲーム「SUDOKU」が人気です。”ってテレビでしていたのを見た。そういわれて、新聞を見てみると、クロスワードのような感じで、SUDOKUが載っていたし、町のおもちゃ屋さんでもSUDOKUがカードになって売られていた。

日本生まれって、、、私はこのゲーム聞いたことも見たこともなかった。みなさんは知っていますか?試しに新聞に載ってるSUDOKUをしてみると、これがまた面白い。数字のゲームなんだけど、計算とかするわけじゃないし、1から9の番号さえ知っていれば誰でも簡単なものだった。

縦9マス、横9マスあって、中に9マスのBOXが9個ある。縦、横、BOXそれぞれ、1から9までの番号を重ならないようにうめて行く、というゲームです。レベルがあって、「very easy」はすでに数字がたくさん書かれているので、めっちゃ簡単にできる。でも、「medium」になると、最初から載ってる数字が少ないので、めっちゃ難しい。これは途中で挫折した。

こんなゲームなんだけど、している(考えてる)時はかなり地味です。でも、面白いのでまた次の新聞が楽しみです。

今夜は、ノルウエー人の友達の家に、「RISK」というゲームをしに行きます。これは、「人生ゲーム」みたいな感じの何人かでするボードゲームなんだけど、これがめちゃくちゃ面白いらしい。一度チラッと見たのだけど、世界地図みたいなのが土台で、いろんな国や地域を攻めて自分の陣地にしていくようなゲームらしい。なんか面白そうー!

ここから翌日(4月29日)

 昨夜は、友達宅で、RISKをして夜中まで盛り上がった。オージー3人、ノルウエー、フレンチ、私(日本人!)の6人で戦った。土台のボードは世界地図のになっていて、アーミー(兵)を陣取って、敵陣を追い込み自分の占領下にして、世界を征服したものが勝ちというゲームだった。進め方はいたって地味で、ただサイコロをころがすだけ。でも、いろんな世界の国名が出てくるし、地理好きなら楽しい。

 ただし、このゲームの悪い所は、1時間やそこらでは終わらなくって、結局昨日は、5時間かけても終わらなかった。私と、隣の家の友達が真っ先に負けたので、私らは先に失礼した。勝ち残っていた残りの4人は、たぶん明け方まで闘っていたと思う(笑)。変やけど面白いゲームだった。でもやっぱりボードゲームの王様は、「人生ゲーム」だと思う!

 ところで、このゲーム最中、ノルウエーの友達がノルウエーのお酒(スコッチ)を出してくれた。これがめちゃくちゃ強い!さすが極寒の国のアルコール!一口飲んだだけで、五臓六腑が火を噴いた!でも、結局調子に乗って、小さいグラスだけど、4-5杯飲んだ気がする。「RISK」は敵陣を攻撃していくゲームで、優しい気持ちを見せたら負けなので、このアルコールが効いて、ガンガン攻めれた。そのわりには一番に負けたけどね。。。

 夜中2時に帰って、すぐ寝たのに、早朝(今朝)腹痛で目がさめた。やっぱりアルコールがかなり強かったらしく、お陰さまでお腹がスッキリしました。便秘の時、これから下剤ではなく、ノルウエーのお酒を飲んだら良い!ということが分かった(^0^)


 ではみなさん、良い週末とゴールデンウイークをお過ごしください☆
[PR]
by dance_littlerock | 2006-04-28 14:23 | パース生活日記
 4月19日(水)

 イースターホリデーが明けて、すっかりみんな仕事モードに戻った今週。街は、ホリデー後のセールで、魅力的な価格が掲げられ、消費者を誘惑している。私は、財布に見えない頑丈な鎖をまいて、お金を使うまい!という断固たる意思を持って、その誘惑と戦いながら、街をうろちょろしています(笑)

 ところで、タイトルに書いたように3泊で旅行に行ってきました。隣の家に住んでるオージーの同世代の若者たち4人と行って来たんだけど、そこでいろいろ思ったこと、気づいたこと、感じたことを今日は書きたいと思います。


☆オーストラリアの道

 とにかくオーストラリアは広大でした。金曜日のパーティーの後、夕方から、一路南に向かって車をぶっ飛ばしたんだけど、とにかく真っ暗で、ブッシュ(小さい木々)しかない道が果てしなく続いていました。もちろん助手席の窓からは、南十字星を含む満天の星空が見えて、ロマンチックだったけど、道にいろんな動物の死骸があったので、それがかなり怖かった。6年前のニュージーランドでは、私は車を持っていて運転していたのでよくこんな状況は目にしたけど、何より違うのは、カンガルーの死骸があるってこと!これがリアルで可哀相で、結構ショックでした。でも、飛び出してきたからって、無理やり避けたりするとその方が大事故に繋がるので、飛び出してきたら轢くしかないんだよねー。かといって、こんな広大な大地にフェンスなんて、つけてれないし、カンガルーちゃん、野ウサギさん、ポッサムくん、ウオンバットちゃん、どうか車に気をつけて、横断してね。


☆ウーパールーパー

 初日の夜は、隣人の男子の実家に泊まらしてもらった。これがまた、すごい豪邸でびっくりした!家は、超広くって、リビングルームにはビリヤードがあり、庭にはプールとジャグジーがあった。ご両親が晩御飯を作ってくれていたので、遠慮なくいただいた!美味しい、幸せー!以前に会った事のある彼らの親友夫妻も加わって、遅くまでビリヤードをして遊んだ!ビリヤード台のそばに豪華な水槽があって、なんと懐かしの「ウーパールーパー」が2匹のんびり泳いでいた!めっちゃ可愛い!みんなに「これウーパールーパーだよね!」って言ったけど、英語では全然違うみたいで通じなかった。悔しいので、パソコンを借りて色々調べてみたら、ウーパールーパーという名前は、日本で付けられた商品名らしい。誰や勝手にそんな名前つけたのは!!その由来まで調べれなかったので、判った方は、恵美まで連絡くださいねっ!


☆西洋人と日本人の身体の違い

 ビリヤードの後、水着に着替えて、庭にある超豪華なジャグジーに飛び込んだ!久々にお湯につかれて、最高に気持ちよかった。でも、正直水着に着替えるのが嫌だった。みんなめっちゃスタイル良いねんもんっ!女の子は、身長181cmと170cmくらい、男の子は高い子で193cmあって、みんなバリバリの西洋人体系。私はというと、155cmで胴長短足なバリバリの日本人体系。しかし、こんな私でもみんなより優れた身体の部分があった。それは「手の指のしわしわ」!深夜まで、ラム酒を飲みながら、ぬるま湯につかってワイワイ喋ってたんだけど、みんなの手を比べあいっこをすると、私以外みんな指が気持ち悪い程しわしわになっていた!ところが、私のはまだツルッと綺麗なまま。「さすが日本人はお湯につかり慣れているなー!」とみんなが感心してくれたので、この時だけは、胸を張って「YES!」と言えた。


☆二つの海がぶつかる場所

 次の日は、みんな大半が二日酔いだった(笑)。ご両親が、朝ご飯を用意してくれていたので、また遠慮なくしっかりいただいた。本当に良い家族やわー!それから、もっと南に車を飛ばして、オーストラリアの一番南西地点に辿り着いた。ここは、インド洋と南極海がぶつかる場所で、確かにそう言われてみると、波の向きが違った。ここで、釣りをする予定だったけど、荒波だったので諦めた。大きなサーモンが釣れるらしい。熊みたいに生でサーモンに食いつきたかったのに、残念でした。なんか私だんだん野生化してきているー。


☆初の野宿

 その夜は、キャンプサイトを探して、そこで泊まる事になった。キャンプといっても、テントとかはなくて、スワッグという寝袋より優れた寝袋みたいなので、寝た。また、BBQしてワインを飲んで、周り(川が流れていて、桟橋があった)を散策してから、今日は早めに寝る準備をした。まくら、毛布付のスワッグだけど、私はありったけの服を着込んで、靴下を2枚はいて、背中に張るカイロをしのばせ、仰向けになった。まるで、植村直己がエベレスト頂上にアタックしようとする前夜みたいな感じだなーなんて勝手に思って、ちょっとワクワクした。大きな木々がざわざわと揺れ、満月と満天の星空が見えた。こんなに寒いくせに蚊がいて、おでこをかまれたけど、初の野宿ってのが楽しくって、いつの間にか眠ってしまった。数時間後、顔に雨があたって、目が覚めた。横で寝てた子が、スワッグを頭までかぶしてくれて、ミノムシ状態になった。顔面にかぶさったスワッグに雨がボトボト降ってすごい音だったけど、またいつの間にか爆睡してた。このスワッグは、豪雨以外は凌げる優れものらしい。朝起きると、近くに置きっぱなしだったバックパックとスニーカーは車にしまわれていた。みんなあの雨の中、起きて私のかばんや靴にまで、気を利かしてくれていた。みんな郊外の田舎で育った子なので、キャンプとか野宿とかは朝飯前みたい。それにしても、すごい体験をさせてもらった。


☆彼らの若者英語

 こんなに仲良くしてるお隣さんたちなんだけど、、、英語がほんま難しい!この3泊中で私が彼らと意思疎通できたのは、正直わずかだった。一体私は何年間英語を勉強し、何年間英語に携わった仕事をしてきたのか、、、。家に帰ってから、バーバラにこの事を話したら、彼らの話す英語が、若者英語だから聞き取りづらいのよと言ってくれた。確かに彼女の英語は、まあまあわかる。日本語が最近の若者によって、変わってるようにオーストラリア英語も変わっていて、バーバラ曰く「悲しい事」らしい。言語については、その時代時代に変化があって、変わっていくのはしょうがない事だと、私は思うけど。。。そんな事より、私はもっと彼らと意思疎通がしたい!


 ☆アーミー(軍隊)

 彼らのうち二人は、アーミー経験者だということがわかった。キャンプの時、アーミーの紅茶のティーバッグを見せてもらった。普通、リプトンとかなら黄色のパッケージでしょ?あれが軍隊の色(迷彩色)だった。「戦争中、休んで紅茶を飲んで、万が一、足元にパッケージをちぎった時の紙切れを落としたとしても、敵にここに居た事をバレないようにするために、こんな色をしてるんだよ。」と教えてもらった。なるほどー!彼ら二人は20代前半の時、東海岸に行き、訓練を積んだらしい。その時の実践の模様を後に写真で見せてもらった。映画「コマンドー」のシュワちゃんみたいに顔にまで、軍隊カラーを塗って、銃を持っていた。「うわー、リアル!」でも、実際イラクとかは行ってなくて、シドニーオリンピックの時、競技場の警備をしてたんだって。なんだか、すごい経験をしてるよなー。

 こんな彼らだから、野宿も屁の河童なんだよなー。日本人、いや特に私が軟弱に育ってきたなーと思わされる3泊4日でした。でも何より、めっちゃ楽しかった!とっても素敵なイースターホリデーでした。
[PR]
by dance_littlerock | 2006-04-19 15:07 | パース生活日記

アルコール

2006年4月11日[火]

この頃、仲間が増えて、先月と違ってほんまに毎日が楽しくなってきた。たぶん就職活動とかストレス溜まることはあんまりせず、遊んでばっかりいるからだろうけど。。。お金は減っていく一方だけど、先週のサタデーロト(日本のロト6とほとんど同じ)でちょっと当たって、初めてオーストラリアでお金をゲットできた。嬉しいっ(^0^)

先週金曜日は、学校で仲良くなった韓国人の女の子に彼女のクラスメート主催のパーティに誘ってもらった。オージー、韓国、ベルギー、ブラジル、フランス、そして日本人が集まって、みんなで飲んだくれた(笑)。こっちには(当たり前だけど)焼酎とかはなく、ビールとワインが主流。私はビールが苦手なので、ワインを飲んでたけど、ほんまはワインも好きじゃない。その時、誰かが「ワイン(白)にコカコーラを入れて飲むと美味しいよ☆」と言った。「えっ!」と思ったけど、とりあえずトライしてみたら、これがまたかなりイケルねん!「美味しー!ゴクゴク!」調子に乗って、5杯もいただいた。ワイン苦手な人は、一度試してみてね。

翌日(先週の土曜日)の夜は、以前に話題にしたカンガルーの赤ちゃんを連れてきてくれた隣の家の女の子の弟が、21歳の誕生日らしく、その盛大なパーティーにお呼ばれした。こっちでは、日本と違い21歳が成人式で(お酒は18歳から飲める)家族親戚友達総出で、すごい盛大なパーティーをする。

町中から車で45分行ったブッシュの中にポツンと建つ彼女の実家。たぶん隣の家までは歩いたら15分くらいはかかりそうな田舎だった。でも、ピカピカの飾り付けや豪華な料理が用意されてて、50人ほどのオージー(オーストラリア人)が集まってた。日本人(アジア人)は私一人だったので、知らない人は「この子誰やねん?」と心の中で思っていたはず(笑)。

ここでは、ビールやワインやシャンペンが庭にある水を止めた噴水に山盛り積まれていた。「どんだけ飲むつもりなん?」て、心の中でひとりで突っ込んだ(笑)。そして、家族の人たちが超デカいバケツに、ワイン(白)、シャンペン、ウオッカ、オレンジジュース、ドイツの何とかっていう強いお酒など、それぞれ何十本といれて、かき混ぜたものを用意してくれた。ビールが嫌いなので、飲むものはこれしかなくて、「こりゃ闇鍋ならぬ、闇酒だなー」と思いつつ飲んでみると、、、これがまた美味しいねん!夜中の4時までたべりながら何杯も頂いた。英語を聞いて話して脳を働かし過ぎているせいか、あるいは、私はやっぱりお酒が強いのか、全く酔わなかった!

こっちは、もうすぐイースターホリデー(キリストの復活祭)で今週末は4連休なので、みんなウキウキしている。街には、イースターの旗がなびき、店にはウサギや玉子の形のチョコレートが売られ、みんな会えば「イースターホリデーどうするの?」という話題になる。私は、一日は同居人バーバラの娘さん(22歳)にパーティーに誘われている。また白ワインにコカコーラを入れてみよう。楽しみ☆

このホリデーが終われば、そろそろまた真面目に仕事探しよーと計画中。学校は5月末まであるんだけどね。

日本ではお花見もだいたいすみ、鉄人金本が驚異的な記録を作り、なんか楽しそうなシーズンだねー。友達と甲子園に行きたい。みんなに会いたい。芋焼酎が飲みたい。お母さんの手料理が食べたい。沖縄料理も食べたい。自分の部屋で寝っ転がりたい。お風呂につかりたい。もっとオシャレしたい。。。いろいろ日本を恋焦がれることがあるけど、もうちょっとこっちで頑張ります。

では、みなさん花粉症や黄砂に気を付けて、楽しい週をお過ごし下さい!
またねー☆
[PR]
by dance_littlerock | 2006-04-11 17:20 | パース生活日記

オージー生活1ヶ月

2006年4月6日(木)

今日でオーストラリアに到着して、まるまる1ヶ月が経った。1ヶ月目は、やはり生活の基盤固めに四苦八苦していたような気がする。今では、だいぶこの街にも慣れ、友達が来てくれても案内できるまでになっていると思う!バスや電車の乗り降りの仕方も分かってきたし、スーパーでの食品のだいたいの値段も把握してきた。「あっ、これ今日安い」とか「あっ、これあっちのスーパーの方が安い」とか(笑)。

自炊生活も楽しんでしてます(お母さんご安心を)。当初、食欲がなくって、ホームシックなのかなーと疑ったけど、どうやら気候のせいだったようで、多少涼しくなって来たこの頃、食べる事(作る事)が、めっちゃ楽しみになって来た。家で飼っている猫も、先月は食べ残しが多かったけど、最近はめっちゃ食欲があるみたいで、、、猫と私の食欲状態(胃の状態)は、一緒なのかなと思うと、ちょっと面白かった。

それにしてもこっちの肉はすごく臭くって、ニンニクやメキシコのスパイスなんかを使わないと、まずくって食べられない(牛も鶏も)。もちろん高級な肉を買えばまた違うんだろうけどね。だから、肉の代わりにツナを使って料理している。健康のために嫌いなプルーンとかも買って食べてるよ。こっちで風邪ひきたくないしな。

語学学校では徐々に友達も出来始め、エージェント主催の英会話教室も暇つぶしの為に行ってみたら、友達が出来た。やっぱり何でも行動を起こす事が大事だね。一生懸命に行動を起こして、頑張って、ズッコケル事もあるけど、何かしないと何も始まらないしな。オーストラリアに来て、一人で頑張ってるってだけで、十分行動してるつもりだけど、もっともっと頑張らないと!と思う今日この頃です。次、どう頑張っていくかは分からないままだけど、とにかく友達が増えつつあるのが、めちゃくちゃ嬉しい!そして、5月初旬には京都から友達が会いに来てくれる!あー待ちきれないよー!

ではこれからランチして、授業受けて来ます。夕方はエージェント主催の発音練習会に参加します。そして、今夜(木曜の夜)は面白いテレビ番組があるので、楽しみです。

では私の近況情報でした。これを読んでくれたみなさんも、楽しい一日と週末をお過ごし下さい☆(今週末くらいお花見かな?いいなー!!!私も行きたい!)
[PR]
by dance_littlerock | 2006-04-06 13:20 | パース生活日記

プランAからプランBへ

 2006年4月3日<月>

 4月から気持ち新たに語学学校に通い始めた。2度目のワーホリなので学校に行く予定も無く、仕事だけをする(Plan A)ために来豪したが、先に話題にした通り、最初の就職で一日目にしてズッコケタので、初心に戻り語学学校で勉強する(Plan B)ことにした。

 そんなわけで、先週は、信頼できるエージェント探しをして、語学学校を決め、入学試験を受けに行ったりして、日々を過ごしていました。

 私にとって留学は3度目でだいたいの雰囲気は分かっているので、今回は専門的なコースと、ハイレベルコースを選んでみた。すると、クラスに日本人はいなくって、韓国人、フランス人、タイ人、オーストリア人といった構成だった。でも、ハイレベルコースにしては、簡単だった。みんなあんまりやる気なさそうで、韓国人たちは途中で抜けて行った。きっと親のお金で来てる学生だろう。私みたいに自分で稼いだお金で来てる子は、絶対に無駄にしないもん!

 先生たちは明るい感じで、正直軽い感じの語学学校だったので、良かった。ハイレベルコースといっても、想像以上にしょぼかった。まあ、こんな感じで慣れて、友達を作る、人脈を広げていきたい。
[PR]
by dance_littlerock | 2006-04-03 17:50 | パース生活日記
2006年4月1日


今日は4月1日。なんだか寒くなってきたー。

来週から語学学校に行く事にした。
留学3度目、英語の勉強というより、人脈作りのために行く事に、、、。

昨日、テストを受けに行ったんだけど、すごく良い雰囲気の学校で感激☆
一番学費の安い学校を選んだのに、ここは当たりかも♪クラスメートも良い子が多いと良いのになー。
[PR]
by dance_littlerock | 2006-04-01 12:38 | パース生活日記