旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Hawaiian Christmas Party

2005.12.23 夜

 ハワイの日系人たちのクリスマスパーティーにお呼ばれした。ドキドキ☆みんなそれぞれ約$20づつのプレゼントと料理を持ち寄り、あるカップルの家にお邪魔した。プールがある庭には、可愛らしいクリスマスデコレーションが飾ってあり、遠く向こうの方に、ワイキキの夜景が見えた。なんて素敵なおうちなんだろう!良いな~こんな所で住みたいよぉ(^^)
d0020358_1922541.jpg


 カップルの二人が、いろんなゲームを用意してくれていて、すっごく楽しかった。本当にハワイの人は、Party慣れしてるというか、何というか・・・素晴らしい演出をサラッとこなしてくれる。私なんて、何もお手伝いできなかったけど、ほんとMahalo!!


d0020358_197386.jpg
パーティーの最後にこんなビスケット型の家を配られた。これを自分で、デコレーションして、お菓子の家を作るんだって!楽しい~!こんなの初めて~!私のお菓子の家、上手く出来るかな~!センスが問われるよー!


d0020358_199752.jpg
出来上がり!これは、エミとLoryが一緒に作ったおうち。どう?住みたくなるくらい素敵な家でしょう?これ全部お菓子!こんな演出は、こっちのパーティーでは、よくあるらしい!日本人は知らないことだよねー。

d0020358_19174751.jpg
みんな作った後は、こんな風にビニールで包んで、各自持って帰った。なんてきちんと企画されたパーティー☆すっごく楽しかった!仲良くしてくれたみんな、用意してくれたみんな、招待してくれたみんな、どうもありがとう!

 いよいよ明日は、帰国だ~(T_T)わずか数日の初めてのハワイだったけど、最後の夜までこんなに楽しくって、日本でためてたストレスもすっかり消え去ってしまった!ハワイってすごい場所だね!こんな楽園が存在して、良かった。また、しんどくなったら、このStress Freeの島に来よう!あと半日、しっかり楽しむぞ~(^_^)v
[PR]
by dance_littlerock | 2006-02-26 19:24 | ハワイ

12月のNorth Shoreへ

 2005年12月23日(金) 13:00~ハワイ時間

d0020358_17313144.jpg

小錦の家に行った後、オアフ島を南から北へ向かった。左右には、広大なパイナップル農園とサトウキビ畑が広がっていた。ふと、何十年も前に、この地に渡った日本人について、思いを馳せた。

祖国日本を飛び出し、長い船旅の後、彼らが目にしたハワイは、現代の私たちが知っている楽園の島とは、はるかに違ったものだっただろう。だだっ広い大地・荒地・山々・容赦ない強い日差しなど、楽園の「ら」の字もなかったはずだ。第2次世界大戦の時には、日本語を禁止され、日本人でもアメリカ人でもない差別を受けたと聞いた。なんて、ひどい。でも、彼らが、大和魂を誇りに、土地を開拓し、新天地でパイナップルやサトウキビの栽培に汗を流し、アメリカ人としての地位を確立したかと思うと、その熱い・強い思いに感動と感謝をせずには、いられなかった。彼らのお陰で、今では日系人がハワイで大きな力を持ち、この私とも知り合い、彼らの子孫が今こうして私を観光案内してくれている。そして、私にたくさんのアロハスピリットを与えてくれいる。私の先祖には、ハワイに渡ったものはいないし、私は日系人でもない。でも、ここの日系人と同じく、感謝する気持ちをもちたいと、この広大な景色を見て思ったのでした。Proudly Japanese!


d0020358_17364593.jpg

そんな事を考えているうちに、オアフ島の北側に着いた。冬季、特に12月は波がすごく高いらしい。風がすごくきつかった。ビーチには、「遊泳禁止」の看板が立ててあった。このビーチの横手のベンチで、Lunchに私はサラダを食べた。レタスが飛んでいかないように、サラダを押さえつけながら食べるのが、なんだかとっても面白かった。みんなは、アメリカンサイズのハンバーガーにかぶりついていた。強風にあおられ、中から玉ねぎスライスが飛び出してきそうだった。こんな強風であっても、この青空の下、波の音を聞きながら、仲間と食べるLunchは最高だなー!美味しい~♪楽しい~♪


d0020358_1742209.jpg

これが噂のノースショア!世界中のトップサーファーが集まるところだ!さっきも述べたように12月の波の高さは半端じゃない。素人には、とてもじゃないけど、近づけない。目を凝らしてみると、沖に20人ほどの人影が見え、サーフィンを楽しんでいる。上手く大波に乗れた人、波に飲み込まれた人など・・・、あ~怖い!みんな勇気があるなー!格好いいなー!今回の旅で、波乗り初挑戦して、その楽しさ・快感を知ったものの、どんなに練習したって、この波に挑むことはないだろう。「100億円あげる」って言われても、無理だなー(笑)。
[PR]
by dance_littlerock | 2006-02-17 17:51 | ハワイ

my special place...

 2005年12月23日(金) 午前11:00頃ハワイ時間

ついに来た!私がハワイで最も行きたかった場所・・・それは大好きな小錦の家

日本出発前に小錦のファンのサイトみたいなところで、手にした情報!それは・・・

 『H1を西にずっと進むと、ナナクリという街に入る。その海外線を走り、マイリという街に辿りつく前、進行方向左手に、明らかに周りの質素な家とは違う豪邸がある。これが、コニちゃんの家です。』

 この情報をJayに伝え、Lory, Julie and Elaineの5人で、H1を西に車をぶっ飛ばした。ワイキキなどの東部と比べ、西に行くほど、乾燥した大地が広がるようになった。そして、人々はより一層パシフィックの雰囲気になり、金持ちそうな家も見えなくなり、車もオンボロCARが多くなってきた。5年前に行ったSAMOAの首都APIAに似た雰囲気。オアフの西側は、SAMOAやTONGAからの移民者が多いという。

 そして、ついに現れた!彼の豪邸が!おぉぉぉ~I'm so excited!!
緑の瓦屋根のような、どこか日本を感じるこの造り!間違いない!
d0020358_14554384.jpg

め~ちゃ感動!事前の私の調査によると、あいにく彼はこの日、東京でクリスマスライブをしているので、ここにはいない。でも、彼と千絵さんが、ハワイに帰ってきたら、ここで暮らしてるんだー!と思うだけで嬉しかった。なんで、私、こんなに小錦が好きなんだろう?

 家の前は、ビーチで最高のロケーションだった。この時、私たち以外に誰もいなかった。完全なプライベートビーチだよねー。小錦が育ったのは、ここではないだろうけど、きっとご近所なんだろう。生家も訪れてみたいけど、それは、次にハワイに来る楽しみに取っておこう!

d0020358_1535637.jpg
海側と逆の家の前に行った。私がここで、ツッパリの格好をしたり、四股を踏みだすと、日本人じゃない友達もみんな真似しだしたので、かなり面白かった!写真は、Loryと取っ組み合いをしているとこ。



 ここへ来て私が思った事は・・・

 小錦はこの辺りで育ったんだー。この乾燥した山の雰囲気を見て、この青空を見て、この真っ青な波の立つ大きな海を見て、育ったんだー。彼が、相撲に取り組んでいた時、府立体育館から出て来て手を振ってくれた時、私が感じた特別なオーラは、こんな環境で育った人だからこそ、都会育ちの私の心に響いたかもしれない。

私に必要な、私が求める、私が欲しい気持ち・思いやり・温かさを彼は持っていると思う。実際、今年、ハワイの友達がたくさん出来て分かった事は、小錦だけじゃなく、ハワイで育った人ほとんどが、そんなオーラを持っているという事。もちろん全員じゃないだろうけど、本当にハワイアンは根っから素敵。そんな人間を作れるハワイの大地・空気・すべてが素晴らしい。きっと偉大な神がおられるんだろう。

日本だってそう。神様はいろいろなところにおられる。でも、どうしてか、最近、その神様のチカラを生かせない人がたくさん現れて、環境も人間関係も悪くなりつつある。金儲け主義、自分だけが・自分だけがという姿勢、良くないよね。日本人全員に私のこの気持ちは、伝えれないけど、まずは自分がハワイから得たものをまわりに広め、このBlogからもそういう気持ちを広めれたら良いな。みんなが相手の事を思いやり、幸せで笑顔のたえない日本になりますように☆ アロ~ハ!
 
[PR]
by dance_littlerock | 2006-02-14 15:40 | ハワイ

Great night life with friends!

2005.12.22 (Thu.) 15:00~ at hawaii time

 ボディーボードで初めて波に乗った。波が私を、滑らかに優しく浜に向かって運んでくれた。こんな気分を感じるのは、初めてだった。「これが波乗りっていうのか~」なんでサーファーは、荒い波に向かって突っ込んでいき、何度も何度もそれを繰り返すのか、今まで分からなかった。でも、今日それを身をもって知れた。

 ダイアモンドヘッドと、ワイキキの高層ビル(ホテル)の反対側に、大きなオレンジ色の太陽が沈んでいった。こんな光景のド真ん中で、波に浮いている私。分刻みだったこのHawaii旅行で、唯一まったりした貴重な時間だった。Hawaiiって最高だ。

18:00~

 寒い寒い!涼しいを通り越して、かなり寒くなってきた。ビーチの簡易シャワーで身体を洗うが、髪の毛を洗う勇気はなかった!寒すぎる!でも、ブラジリアンのElaineが、無理やり陽気に歌を唄い&踊りながら、髪を洗い始めた。それに勇気をもらった私は、全身に冷たい真水を浴びて、スッキリした!彼女がその時、歌ってくれた曲・・・get on get on~♪知り合いの歌手ジェシカの曲なんだけど、このメロディーは一生忘れないと思う・・・私に勇気を与えた曲として。

19:00~

d0020358_17364042.jpg
 Jayの知り合いのライブに行った。なんと、おととい一緒にバレーボールをした双子の兄弟だった。高級ホテルの「strawberry」というレストランで、歌っていた。ど真ん中の最高の席を用意してくれていた。彼らのHawaiian songsに酔いしれた。
d0020358_17404193.jpg
後ろには、ワイキキのビーチが見えて、炎がユラユラ揺れていた。まさに南国の雰囲気!やっぱりHawaii最高!その時、近くの白人の女の子が立ち上がり、彼らの歌にあわせ、Hulaを躍り始めた!She is so cute!! みんな大喝采で、最高のライブに花を添えた。彼女は、両親に無理やり前へ出るように言われたみたいで、踊り終わり席へ戻ると、両手で顔を覆って恥ずかしがっていた。その姿がなんとも言えなく、可愛いかった。Mahalo girl, your dance made us feel so happy!

 食べ物も美味しかった。どんな料理にもポテトフライがどっさり添えてあった。私のはエビの天麩羅みたいなものだった。これは、ハワイでは有名なものらしい。ハンバーガーはやはりデカく、アメリカンサイズだった。
d0020358_17483337.jpg

21:00~
 この後、「Sam Choys」というBarへ行き、Lory・Shirleyと合流。そして、富士山仲間のDarrenともここで再会した!大阪から、遥か彼方離れたHawaiiへ来たというのに、大阪からの知り合いが沢山集まっていて…こんな素敵な旅行はないな、と思った。改めて、友達がいるから旅が出来る、友達がいるから頑張れる、友達がいるから人生は楽しいって、強く思った。ここでは、また新しくHawaiianの友達が出来た。2月に大阪に行くから、ぜひ会おうと言ってくれた。友達の輪が広がる・・・こんな素晴らしいことはない(^ー^)もちろん、今までの友達も最高に大切で、大阪(京都)で私の帰りを待ってくれている友達もいる。こんな事を改めて、思えた素敵な一夜でした。
d0020358_17574188.jpg
 my sweet friends... Darren, Lory, 私, Jay, Elaine, Shirley
[PR]
by dance_littlerock | 2006-02-08 18:05 | ハワイ

☆night view☆

 ある夜、WAIKIKIの夜景を見に連れて行ってくれた。車の荷台に座りながら、真っ暗なクネクネした山道を猛スピードで登って行くのは、ある種の恐怖とともに、好奇心をかき立てられた。「まだ左を見ないで、見ないで!」そう言われて、目をつむり、さらに両手で顔を覆った。風にビュンビュン吹かれながら、どんな景色が見れるんだろうと、ワクワクした。

「here we are!」

d0020358_173748.jpg

両手を顔から離して、目を開けた。うわっ~!すごい!辺りは真っ暗で何も見えないのに、正面に見えるWAIKIKIだけは、眩しいくらいの電気がキラキラしてた。本当に綺麗・・・
 
 夜景は、私たちの心をロマンティックにゴージャスにしてくれる。これまで、何度となく綺麗な夜景を見てきたけど、何回見ても、その感動が薄れることはないと思う。


 ここで、ちょっと私の見た思い出の夜景スポットについて、話してみたい。

 思い出として残る最も古いものは、生駒山から見た夜景だ。大阪平野が一望できる大阪人なら、誰もがデートで行ったことがあるだろう(笑)。ここで面白いのが、一番目に付く建物が、『通天閣』だってこと。大阪には沢山ビルがあるのに、なぜか通天閣がよく目立つ。大阪を象徴する夜景スポットから、大阪を象徴する建物が一番よく見えるって、面白いよね。

 私が23歳のときに1年間過ごしたNew Zealandでも、沢山の夜景を見た。その中でも印象に残っているのが、ChristchuchDunidenの夜景

 Christchuchの夜景は、ひろ~い平野にフラットな夜景が広がっていた。オレンジ一色で、感動しすぎて、連れて来てくれた子が「どう?」と聞いてるのに、言葉を失って何も言えなかった事を覚えている。

 Dunidenの夜景は、シグナルヒルという丘から、見渡せる。一緒に行った人が、「まるで宝石箱をひっくり返したみたいだね。」と言ったのが、強く印象に残っている。そして、ここで私の愛車のフロントライトがウインクしたまま、開かなくなったことも強烈な思い出として、残っている。日本円にして約8万円で買った中古車・・・エンジン系統とフロントライトがよく壊れ、修理費がかかって、世話の焼ける車だった(^^)

 最近でいうと、昨年('05)9月に富士山8合目から見た関東平野の夜景・・・これはマジで凄かった。私たちの泊まった山小屋は、東側にあり、出入り口も東側に面していた。夜中3時に重装備で山小屋を出た瞬間、目の前に巨大な関東平野の夜景が見えた。広く本当に巨大な夜景だった。こんな夜景見たことなかった。山小屋の位置、天候(雲があれば、まったくみえなかったはず)など、すべて好条件のもと見れた夜景だった。寒さ・怖さ・眠さなどを、一気にぶっ飛ばしてくれる最高の夜景だった。

 これらが、私の見た思い出に残る夜景です。

 しかし、このハワイ旅行の最後に、想像を絶する最高の夜景を目の当たりにすることになったのです。大袈裟?!いや、でも本当にめちゃくちゃ凄かったんです。後日、掲載予定。お楽しみに!
[PR]
by dance_littlerock | 2006-02-04 18:13 | ハワイ