旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Sound of Music♪の舞台へ

  2005.4.27(Wed.) 
 
  ミュージカル嫌いの私が、唯一大好きなミュージカル映画「Sound of Music」。その舞台であるSalzburgへ着いた。
  宿泊したYo-Ho International Hostelで、その映画を見せてもらってから、街を歩く。うわ~!超感動!!さっき映画で見たマリアと12人の子供たちが踊っていたミラベル庭園などが、今、自分の目の前にある。一人でドレミの歌♪を口ずさみながら、Salzburgの街を観光した。
d0020358_15592931.jpg



  また、ここはモーツアルトの生誕地でもある。1756年1月17日の夜、彼はこの建物の4階で生まれた。ここは観光スポットで、沢山の人がこの前で写真を撮っていた。中に入ると、彼が使用した楽器や、自筆の楽譜や手紙や、肖像画が展示されている。(入場料5.50ユーロ)
d0020358_1623956.jpg

[PR]
by dance_littlerock | 2005-06-08 16:12 | ヨーロッパ紀行

歴史の街 Heiderberg

  Hamburgを出発して5時間、歴史の街Heiderbergに着いた。ここは、戦争の爆撃も逃れるほどの歴史ある古い街で、また学生の町としてもよく知られている。  駅を出て、YHA行きのバス停へ向かうと、なるほど学生が多い。若者にまぎれながら、嬉しそうにバスに乗ると、反対方向へ向かっていたことが判明。いかにもドイツ人顔の学生らしき女の子に「You have a wrong direction!」と言われ、バスを飛び降りる。
  なんとかして、YHAにたどり着く。ヨーロッパは、物価(宿泊費)が高く、貧乏旅行者には、YHAがオアシスのような宿となるわけだが、どこも駅やCity Centerからは離れている場合が多く、ここHeiderberg YHAも中心から、かなり離れた所にあった。
  しか~し!ここの夕食は本当に美味しかった!4.60ユーロで、2種類のパスタに2種類のソース、具沢山のコンソメスープ、サラダ・・・など、わざわざ街に出なくても、美味しくてボリュームある夕食がココで食べれるので、かなりお勧めです。
d0020358_15431276.jpg

  その後、TVを見ていると、尼崎のJR事故のニュースの映像が飛び込んできた。さっきネットで見た「Japanese traffic accident」は、本当だったんだ・・・それも尼崎だなんて・・・。しっかり知りたいのに、ドイツ語のNEWSは全く何を言っているかも分からず、歯痒かった。

  このYHAにも沢山の学生が泊まっていた。何をしに来ているんだろう、と疑問に思っていた時、Berlin Technical Universityの学生と知り合った。彼らは、同じゼミのグループ20人でベルリンからここへ討論会か講演会に来ているようなことを言っていた。彼らと翌日の夕食をともにする。ヨーロッパに来て、初めて夜に外出した。BARにも連れて行ってもらえて、楽しかった。ドイツのビールは、日本のものと比べてかなりBitterだった。ドイツ人は、喫煙者が多い。最近は煙草が値上がりしてきたそうだが、この大学生たちは、ポーランド産の煙草を愛煙していた。(東欧諸国は物価がかなり安い) 
  それにしてもHeiderbergは、石畳の道や古い町並みが本当に魅力的で、素晴らしい街だ。ゲーテもこの街を愛し、ハイデルベルグ城を望む哲学の道で、物思いに耽けったそうだ。なんだか私も一句浮かびそうな気がしたが・・・、浮かばないまま、いよいよ次は、ヨーロッパ紀行3国目のオーストリアへと向かう☆
d0020358_15421576.jpg
  
[PR]
by dance_littlerock | 2005-06-08 15:52 | ヨーロッパ紀行

港町 Hamburg

2005.4.25

  今回、会社を退職し、外国へ旅立つ事が決まり、さてどこの国(地域)にしようか、と考えた時、まず、初めに思いついたのが、このハンブルグ(ドイツ北部)だった。この4年間、商社で貿易事務していた時、ハンブルグ港から大阪とタイのLaem Chabangへ、アルミコイルを輸入する仕事に携わっていた。毎日の事務作業の中、ハンブルグの輸出者へ電話したり、FAXを流したり、Documentsの中にHamburgという字を見たりしながら、いつの日かココへ行ってみたいなぁと思いながら、仕事をしていた。その夢を今回叶えようではないか、というわけで、私の欧州旅行が現実のものとなったのである。

  私をヨーロッパへ旅させるきっかけを作ってくれたハンブルグ港に、ついに来た!それはそれは大きな、というか、巨大な港だった。大阪港や神戸港なんで比べ物にならない!見覚えのある名前のコンテナー船がいくつも列をなし、その巨大な港を観光する小型船が、その付近を周遊していた。

  「この港からアルミコイルを乗せた船は、出航してたんだな~。」ハンブルグから大阪までは、約1ヵ月の船旅。いま積荷をしているあのコンテナーももしかすると、日本へ向かうのかもしれない・・・夕暮れ時、ハンブルグ港を見ながら、私は数時間そこでいろいろな事を考えた。こんな遠い異国の地だけど、日本と繋がってるんだなぁ。みんないろんな所で、生きてるんだなあ。ちょっとWalter(飛行機で出会った船乗りさん)がいないか、一通り探してから、ハンブルグYHA(港のすぐ横の高台にある)へと帰った。

  翌日、5時間かけて、ドイツを南下する。ドイツが誇るICE(inter city express)列車に乗るためにハンブルグ中央駅へ向かう。デカイ!さすが鉄道王国ドイツ、駅の迫力が違う!さあ、次の目的地は、Heiderbergだ!
[PR]
by dance_littlerock | 2005-06-01 17:36 | ヨーロッパ紀行