旅行日記


by dance_littlerock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:東日本旅行( 49 )

霞ヶ浦

パパが追っかけている女性ボーカルのライブのために茨城県までやって来ました!

高速が混んでいたこともあり、出遅れて椅子には座れず。さすが大人気ボーカリスト!でも、モールで無料ライブをしてくれるなんて太っ腹だね!
d0020358_23383694.jpg

五十手前だというのに綺麗ですね。私もこんなエネルギッシュで、自分に正直な、自分の意思をはっきり言葉にできるキラキラ輝く女性になりたいです!

せっかく茨城県まで行くしとのことで、茨城県在住の友人と会う約束をしました。8年ぶりの再会です!

彼女とは、オーストラリアの畑で汗水流して働いた仲。360度・周りは赤土の大地以外何もないというド田舎で、毎日協力して生き抜いた仲間です!

数年会わない間に、お互い良き伴侶と可愛い子宝に恵まれました。ありがたや〜

パパがライブを見て感動している頃、再会を果たした私たちは、霞ヶ浦を水陸両用バスにのって観光でーす!
d0020358_00061974.jpg

陸から海へジャポーン!!想像以上に揺れて水しぶきがかかってびっくり!でもめっちゃ楽しい \(^o^)/

琵琶湖に次ぐ大きさの霞ヶ浦。水は濁っていたけど、いま一生懸命に綺麗な水に戻そうと努力しているらしい。友達のおじいちゃんが子供の頃は、水は透明で泳ぎまくっていたんだって!
d0020358_00061918.jpg

ガイドのお姉さんが面白くってとても楽しいツアーでした!

この辺りはヨットハーバーでヨットがたくさん!バス釣りも有名らしい。ちょっとNZのオークランドのようです。
d0020358_00061921.jpg


それからライブ終わりのパパと合流。友達の案内で湖畔の公園へ。緑が綺麗で気候も良くてサイコー!
d0020358_00061975.jpg

ここでなんとパパが四つ葉のクローバーを見つけてくれました!それも一瞬にして見つけた!意外な特技があったのね!
d0020358_00062026.jpg

(押し花にして今年の私の手帳に貼りました!)

パパたちも共通の話題があり、仲良くお話が出来たようで良かった。2つ違いの子供らも少しづつ打ち解けてくれました。

可愛い〜!
d0020358_00062001.jpg

8年経っても変わらず、あの時のまま。明るさ前向きさいっぱいの友達でした。縁がある人とは何年会ってなくても、しっかり繋がっているもんですね〜
d0020358_00062054.jpg

初めての茨城県、とても楽しかったで〜す!







[PR]
by dance_littlerock | 2016-05-22 07:04 | 東日本旅行

江ノ島旅行 4

江ノ電に乗りこみ、さぁどこで降車すべきか?
前回降りなかったということと、鎌倉駅まで歩いていけるとのことで、「和田塚」駅に決定〜☆

息子は窓の景色を見ている途中で寝てしまいました。江ノ島でいっぱい歩いたからね〜


和田塚の甘味どころは、駅のまぁ前にありました。というか線路の横が入り口です!
d0020358_10460146.jpg

あまりの斬新さに感動して写真を撮っていると電車が来て、車掌さんが「もっと横へ寄って」と合図。

これは車掌さんも大変だ!ついつい写真を撮ってしまう人が毎日わんさかいそう。

和田塚と検索したら1番に引っかかった甘味どころ屋さん。ほっこりと休ませていただきました。
d0020358_10460114.jpg

まったり〜

家にはないお雛様に見入るお昼寝から目覚めた息子。このお内裏様とお雛様は、かなりの年季が入ってて立派なものでした。
d0020358_10460145.jpg

それから鎌倉まで歩き(その道沿いのお洒落な事と言ったらないってくらい)帰路についたのでした〜(^^)

私たちは一泊旅行でしたが、この辺りは東京まで通勤できる圏内です。私や夫の感覚では、いくら圏内とはいえ毎日の通勤は大変!
と思っていたけど、例えそうだとしても「住みたい!」と思える素敵な環境でした。

まだまだ見足りない知り足りない食べ足りない江ノ島、湘南、鎌倉エリア。
また次回までごきげんよう〜(^o^)/








[PR]
by dance_littlerock | 2016-02-15 10:24 | 東日本旅行

江ノ島旅行 3

今日は江ノ島全土をしっかり探索することと、由緒ある江ノ島神社で夫の厄祓いをすることが目的です!

お天気に恵まれました!
d0020358_13510765.jpg

江ノ島へ渡る橋から富士山が見えました。なんて美しいのかしら〜!トンビも元気よく飛んでいます \(^o^)/
d0020358_13495336.jpg

神社は江ノ島内に何箇所もあるみたい。

エスカーと呼ばれるエスカレーターで、三段階くらいに分けて上がっていきます。
d0020358_13495388.jpg

神社では前厄の夫が厄払いを祈願。

私は気学でいうところの恵方参りをしました。夫に「あんた拝むの長いねん!」と突っ込まれるほど、心の中で神様に色々とお伝えしました。後ろに並んで待っててくれてた人たち、ごめんなさいね(笑)
d0020358_13495332.jpg

私たちはエスカーで上がったけど、もちろん階段でも上がれます。こんな景色を見ながらです。
d0020358_13495313.jpg

風があったから寒かったけど、いいお天気で春のお花がもう咲き始めてます。青空と桃色のお花のコントラストが綺麗なこと。
d0020358_13495462.jpg

もう一つの神社でも参拝して、3回目のエスカーで上がってきたところは、どうやら頂上のようです。

展望台がありました(別料金)。そこからの眺めは360度見渡せて、素晴らしいの一言です!

私達あの橋を渡って来たのね。
d0020358_13495434.jpg


昨日、貝拾いをした湘南方面の景色も素晴らしい!こんな海岸線をこちら側から見れるなんて、島のおかげ。
d0020358_13495438.jpg

頂上からは階段のみの下山です。

あれ?メインの神社はどこだったのかしら?確認するとまだ通っていない奥の方に本宮があるとのこと。江ノ島って想像以上に大きい(広い)島でした。

裏側にもお食事処が連なる参道と立派な神社がありました。
サザンの歌詞〈勝手にシンドバッド〉でしか知らなかった江ノ島ですが、歴史があってほんまに素晴らしい島です!

そしてランチタイム!

生しらすは3月まで解禁されてなくて釜揚げしらす丼にしたけど、それでも十分美味しいかった〜
d0020358_00040632.jpg

満足でございました ^o^

そして、歩き(下り)続けるとこんな所にまで来れました。息子もよく歩いてくれた。すごいよ!
d0020358_00040696.jpg

d0020358_00040614.jpg

ここは江ノ島へ渡る橋からは、かなり離れている島の裏側。戻るには階段でひたすら上って、また結構な距離(時間)を歩いて戻らないといけません。

考えたら嫌になってきた。

と、ここから船が出ているらしい。有料だけど今は節約よりも楽チンを選びたい!

で乗ることになった船は35名乗りの小さな船。おじさんたちが適当にカウントして乗せていく。
ほんまにちゃんと数えてる?定員オーバーじゃない?不安がよぎるけど信じるしかない。

出発。スピードが半端ない!
揺れてめっちゃ恐〜い!!

船長たのむで〜!
d0020358_00040750.jpg

乗客みんな笑顔が引きつってる!
ライフジャケットがほしい!
陸が恋しい!
d0020358_00040735.jpg

船は怖いけど、早い早い!
さっき登った展望台が見ます。
d0020358_00040873.jpg

あっという間に橋をも超えて、本州(⁈)に到着しました。

着いた時は心の中で「viva陸!」と叫んでしまった。私は船乗りにはなれないな。
d0020358_00040867.jpg








[PR]
by dance_littlerock | 2016-02-12 11:37 | 東日本旅行

江ノ島旅行 2

息子のために新江ノ島水族館に行こうと思ったんだけど、結構な値段がする。お土産物屋さんで「びっくらたまご」だけを買って、水族館はまたの機会にとしました。

びっくらたまごは、お風呂の中にいれるボール型の入浴剤で小さなオモチャが入っていて、何が出るかは溶けてからのお楽しみ。これが大好きなようで、今まで何個買ったことか…。家のお風呂には、びっくらたまごのオモチャだらけなんですよ(^_^;)

(ちなみにこの水族館バージョンの中からは、マンボーが当たりました〜☆)

水族館の近くには私がめっちゃ行きたかったカフェがあります!海岸で遊び疲れたし、ここでゆっくりすることにしました。
d0020358_11154052.jpg

と言っても、超人気店なので寒空の下30分並びました。土曜日の昼下がりにしたら、待ち時間はまだ短い方だったみたい。

何を注文しようかしら(^o^)食べたいものがいっぱ〜い!
d0020358_11154042.jpg

まずは定番のコレでしょ!ホイップクリームたっぷりのパンケーキです。
d0020358_11154109.jpg

意外とあっさりしてて、生クリームが苦手な私も食べれました。

息子はブルーベリーがかかった部分が嫌で、綺麗なところだけ食べました。お店がぬり絵セットも用意してくれて、満喫できたようです(^o^)
d0020358_11154181.jpg

それからパパが食べたかったエッグベネディクト!濃厚に見えるけど、そうでもなく卵好きにはたまらない一品ですね。
d0020358_11154139.jpg


食べ終わるともう夕方。

江ノ島駅は竜宮城を意識して作られています。
息子に「どこかで玉手箱をもらうかもしれないけど、絶対に開けたらダメよ!」というと、め〜っちゃワクワクしていました。可愛いねぇ(o^^o)
d0020358_11154196.jpg

今夜のお宿にチェックイン。それからすぐ近くの温泉にいきました。

ホテルの部屋は3人には狭いので、こんなゆっくりできる温泉が近くにあって、超ラッキーでした。
d0020358_11154155.jpg

息子はママと入りたいとのことなので、一緒に女湯へ。入り口に「小学生以上の異性は入らないように」と注意書き。

そうね。昔は低学年でも女湯に入ってる男の子いたけど、今は時代が違うものね。

ということは、息子とこうして温泉などに入れるのはあと2年!しかない!

小さい女の子と一緒に入っている母娘を少し羨ましい目で見てしまった。

でも、私の子供の可愛らしいことよ。純粋無垢で、女の子よりも優しいのよ。友達のオモチャを取ったりしたことないし。

でも身体はすくすく大きくなって、もうすぐ一緒に温泉には入れないのね。

でも絶対、中学生になっても、高校生になっても、大学生になっても、社会人になっても、旅行やお出かけかは一緒に行こうね!!

風呂上がり卓球をして遊びました。めっちゃ楽しめた。無料!
d0020358_11154156.jpg

(写真左は知らんおっちゃんです)

夕食も食べて帰りました。
あー、楽しい日でした。










[PR]
by dance_littlerock | 2016-02-09 10:40 | 東日本旅行

江ノ島旅行 1

久しぶりの家族旅行は「ここのハンバーガーは世界一!」と口コミで見たお店へ向かって出発〜(^o^)/
d0020358_11363568.jpg

駅の真ん前にあるお洒落なお店は、この改札を出て三歩。期待が高まるぜ!
d0020358_11363531.jpg

10時半過ぎに来たけど、オープンの時間が今年から延びてて、小一時間ほど近所をぶらぶら。

もうすぐ閉店と書かれたかなり古ぼけた雑貨屋のようなお店に息子が入って行きました。全部半額やそれ以上と書いてある。

「初めて観光に来たんです。」というと足のわるそうなおばあちゃんが地図を片手に説明してくれました。

「この辺りは大きなお屋敷が多かったけど、最近はその土地を分けて家を建ててるから、小さな家ばっかり…」としみじみ。「私も夫の家族も昔は東京に住んでたんだけど、家族が結核にかかってね〜。静養のためにこの辺りに越して来たの。昭和15年のことよ。そのあと戦争もあったしね…」

この辺りは当時そういう事情で東京の喧騒から逃れて越して来た家族も多かったみたい。別荘も多かった。でも最近はそれらを取り壊して、近年の家々が立ち並んで、おばあちゃんの知っている時代とは雰囲気が変わってしまったみたい。

おばあちゃんからしたら寂しいよね。「私もそんな戦前の景色や人々の暮らし見てみたかったです」なんて言いながら、息子は半額になった妖怪ウォッチのシールを買って買ってと。50円。

さらにおばあちゃんは、「これもういらないから」と、売り物のミッキーのリュックとハンカチのセットを息子にくれました。

おばあちゃん、ありがとう!なんだかもっとお話を聞きたかった。

11時半になり、いよいよハンバーガータイムです!化学調味料など使わず、すべて無添加の食材にこだわったお店。どんなお味かなぁ〜?
d0020358_11363684.jpg

自分でソースを選んでつけて、セットして食べます。

確かにハンバーガーはめっちゃ美味しかった!はるばる食べに来たかいがありました。
d0020358_11363699.jpg

パパのハンバーグは思ったより小さくて、息子にほとんど取られてしまい、この後パパはファミマで腹ごしらえ(笑)

それからおばあちゃんおすすめの鵠沼海岸へ向かいます。

途中、近年建ったと思われる家々があったけど私から見れば豪邸。その合間に古いお屋敷もあり、ものすごい坪数。これが昭和初期にあった家の大きさなんだろうなぁ。

時代は変わる。


すぐに海岸が見えてきました。こんな真冬の時期なのにサーファーがたくさん!それは予想していたけれど、驚いたのは結構年配のサーファーが多いこと!女性も多い!格好イイ〜〜!
d0020358_11363682.jpg

自転車でサーフボードを担いで来る人も多いのね。それ用なのかタイヤが太く大きい特殊な自転車をたくさん見かけました。なんだか素敵なカルチャーショック!

サーファーとは縁遠い私たちは海岸で貝拾い。波打ち際でキャーキャー言いながら、綺麗な貝を息子と拾いあいました。
d0020358_11363644.jpg

都会っ子の私たちには、こんな体験はとても楽しかった。自然を触れ合うって大切だな〜。

これってハマグリかな?
d0020358_11363653.jpg




[PR]
by dance_littlerock | 2016-02-08 10:45 | 東日本旅行

9. ペリー ペリー ペリー

バスに揺られて息子はすやすや。下田へやって来ました。

三島由紀夫が下田へ来たら好んで食べていたというマドレーヌのお店へ直行です。これもJTBの券で無料でゲット!めちゃめちゃ美味しかった〜!!
d0020358_236428.jpg

下田と言えば黒船ペリー!
いや降参(1853年)黒船ペリー!
ペリーロードという風情がある道沿いを歩きました。
d0020358_236574.jpg

お洒落な道沿いだけど、とにかく寒い。そして人が少ない。12月だからかなぁ?観光客はこの時期ほとんどいないのかしら?下田ってもっと観光地として栄えてると思っていました。
d0020358_236665.jpg

下田は「なまこ壁」と呼ばれる外壁の民家などが有名みたい。白と黒の基盤目が斜めに交差するなまこ壁が下田の街にたくさんあって、歴史ある情緒をかもしだしています。
d0020358_236696.jpg

このペリーロードを進んだ海沿いにペリーの胸像がいらっしゃいました!ハローペリー!周りにはなぜかアロエがぎっしりいっぱい。
d0020358_236728.jpg

海沿いを歩いて、ひもの横丁へ。あまりにも人が居ないので、夫は「寂しい」とポツリ(笑)
うっすら賑わったお店を見つけたので、梅干しとわさびふりかけを買う。全然ひものと関係ないしー
d0020358_236747.jpg

昨日の観光案内所で教えてもらったなまこ壁のカフェへ。門構えは小さかったけど、お店の中はとっても素敵で情緒あふれまくり!
d0020358_23687.jpg

お昼ご飯を食べていない私は、珈琲とピザトーストを注文しました。珈琲カップと砂糖入れが素敵すぎる〜
d0020358_236986.jpg

バスからずっと寝てる息子のおかげで、夫婦2人でじっくりゆっくり珈琲を飲めました。何を話すでもなく、それぞれ雑誌を見たり、携帯を見たり、お店の風情に酔ったり、、、この時間はとても貴重でした。もっと時が経ち、息子が巣立った60代になってからまた夫婦でこのカフェに来たいなぁと思いました。そんな先々の楽しみを与えてくれるカフェでした。

下田旅行楽しかったぁ!伊豆ってホントにいいとこですね〜(*^o^*)
[PR]
by dance_littlerock | 2014-12-20 15:31 | 東日本旅行

8. みかん狩り

腰の曲がったおばあちゃんが家の裏のみかん畑に案内してくれました。最近はカラスが食べに来て大変らしいです。また近年は温暖化の影響でみかんが早く熟してしまって、その結果、早く収穫しないといけないのに手がなく間に合わなくて、腐ってしまうものも多くあるらしいです。

「食べるのは簡単だけど、作るのは大変」と、とても重い言葉を残して、家に戻って行きました。はい、本当にその通りです。ありがたく頂きます。
d0020358_935519.jpg

おばあちゃんの一生懸命に作ったみかんは、めちゃくちゃ甘かった!私たちは朝から山盛り食べて来たけど、みかんは別腹だね!こうして畑で座って食べたら美味しいね。
d0020358_935773.jpg

カラスにかじられたみかんが何個もありました。大事に育てたみかんを食べられたら憎たらしいやろうなぁ。

オーストラリアで働いていたブドウ畑でも、鳥が食べに来るので大砲みたいなものを畑に置いて、ドカーンと音をさせていた事を思い出しました。その大砲前を歩く時、怖かったなぁ。

それにしても、みかんをたらふく食べた私、この後トイレの近かったこと。おばあちゃん家のお手洗いを借りたら、洋式だけどポットン便所でした。

そして夫はみかん畑でくしゃみが止まらなくなりました(笑)が、畑を出た途端にピタリと止まりました。なんだったんだろうね。

バス停までの道のりは山だらけ。その合間の田んぼ道をず〜っと歩きました。東京で住んでいる私たちにとっては、この時間はとても刺激的でした。

次のバスまですごい時間があったので、近くの和食屋さんに入りました。あれほど朝から食べまくっているのに夫はお昼ご飯を食べる気満々です!私はトイレがしたかったので良かった〜

夫と息子のお昼ご飯
d0020358_935722.jpg

それからバスに乗って、下田市街地へと向かいました。帰りの電車の時間まで、下田観光だ〜!!
[PR]
by dance_littlerock | 2014-12-20 04:04 | 東日本旅行

7. お・も・て・な・し

翌朝の露天風呂もまた趣深し。

そして「すいとん」を振舞いますので食べに来てくださいとのこと。お風呂上がりに玄関そばにある囲炉裏の部屋ですいとんをいただきました。普段は野菜を嫌がる息子なのに自ら人参も大根も食べたのでビックリ!
d0020358_10562699.jpg

朝ご飯前なのに夫も息子もお代わりしてた。。それにしてもこの御宿は、どんだけ〜ってくらい食べ物でおもてなししてくれるわぁ。食いしん坊にぴったりです。

そしたらまた「すいとん食べ終わったら、煎茶をご用意してますので、こちらへいらして下さ〜い!」だって!少食の私はこれ以上食べたら朝ご飯が食べれなくなりそう(^^;;

だけどまた煎茶にお漬物やら大豆で作ったジャーキーのような食感のものやら梅干しやら御菓子やら、たくさん出していただきました。これがまた美味しいから食べてまうねん。
d0020358_10562642.jpg

朝風呂だけのつもりが小腹を満たして部屋に帰ってくると、お部屋には豪華な朝ご飯が用意されてました!!これまた本当に美味しそう!いただきまーす!
d0020358_10562712.jpg

ぴったりの甚平を着せてもらった食いしん坊の息子も大喜びでした!すいとん以外ではいつも通りお野菜は嫌がり、ご飯とお魚しか食べなかったけど、しっかりと満喫できたようでした。
d0020358_10562883.jpg

それから私は1人で、女性専用の共同風呂へ。なぜかずっと貸切状態。露天風呂に浸っていると、木々の合間に朝日がキラキラと昇っていく様子が見えて、なんとも言えない風情を感じました。

名残惜しく御宿を出るとき、「これどうぞ」と昨夜の残りのお餅をいくつかお土産にいただきました。まるで田舎のおばあさん家に来たみたいな気持ちになりました。

楽しかったぁ!ごちそうさまでした。
[PR]
by dance_littlerock | 2014-12-14 20:54 | 東日本旅行

6. お餅つき大会

夕食を食べてもまだまだおもてなしは続きます!夜8時半からお餅つき大会が開催されるとのこと!館内放送が流れて、みんなぞろぞろと集まります。

「ヨイショー!ヨイショー!」の掛け声と共にぺったんぺったんとお餅をつきます。
息子もパパと一緒に初めての餅つきです!年配の方が多かったけど、みんなやたらノリがよくて、めちゃめちゃ盛り上がりました!
d0020358_21231147.jpg

この雰囲気、ほんまに大昔の日本にタイムスリップしたみたい。

小豆やきな粉など、つきたてのお餅を堪能しました。お風呂上がりのおやつから晩御飯からお餅って、胃を休めることを知らない旅館です!
d0020358_21231131.jpg

そしてまた貸切露天風呂に行きました。大きいお風呂からこじんまりしたお風呂まで、どれもお殿様の御屋敷のお風呂に入りに来させてもらったって感じです。

お風呂上がりに果実酒などが呑めるバーコーナーへ行ってみました。さっきのお餅つきで威勢の良かった60代のおじさんおばさん連中がカラオケをしてる横に座りました。歌謡曲がこの雰囲気にあってて、めちゃめちゃ良い感じでした。
d0020358_21231285.jpg

果実酒のメニューは山盛りありましたが、私は枇杷の果実酒をいただきました。上品なおばさんがバーテンダーをしてくれて、ここでもたくさん御菓子を出してくれました。そして残さず食べる私たち、、、
d0020358_21231260.jpg

明日も早起きして、お風呂に入ろう!御宿の雰囲気に酔った旅行初日でした。
[PR]
by dance_littlerock | 2014-12-14 14:50 | 東日本旅行

5. お風呂自慢

ここは貸切露天風呂が10個もあって、さらに男風呂、女風呂の大浴場もあって、とにかくお風呂が充実している。一泊二日で私は計4回、夫は6回も入って大満足でした。

貸切露天風呂の脱衣場は、服を入れる籠も風情があります。天井も高く、昔ながらの梁など、お湯で温まりながら目で愉しめました。
d0020358_6572282.jpg

この旅館はどこまでもおもてなしがすごかった!お風呂上がりは、紫蘇ジュースと金目鯛のスルメと干し梅と柿を出してくれる!息子にはオレンジジュース!
d0020358_6572386.jpg

これから晩御飯だっていうのに全部食べちゃいました!今までお風呂上がりに干し梅を出してくれるところはあっても、柿をむいでくれたところは初めてです。美味しい〜

そしてたくさんの本にまぎれて、紙芝居が3つあり、息子にせがまり夫婦で読みあう。この紙芝居すべて内容がシュールで笑えた。
d0020358_6572458.jpg

館内の散策も楽しい。何十種類もの果実酒があるらしい。呑んでみたいなぁ〜*\(^o^)/*
d0020358_6572457.jpg

そしてお部屋に帰ったら、豪華な晩御飯が用意されていました。至れり尽くせりで幸せすぎる〜(≧∇≦)
また海鮮三昧です!お刺身大好き!
d0020358_65725100.jpg

下田はどこまでも金目鯛押し!金目鯛のしゃぶしゃぶです。
d0020358_6572586.jpg

土瓶蒸しやカルパッチョや洒落た感じの焼き魚などなど、たーくさんあったけど、全部たいらげちゃいました!
d0020358_657262.jpg

ありがたや〜ありがたや〜
[PR]
by dance_littlerock | 2014-12-14 05:59 | 東日本旅行